見出し画像

まだまだ旅は遠いから。ACPスタッフたちに聞いた「おうちでできる旅時間」

東京都をはじめとする各地で緊急事態宣言が発令され、海外はもちろん、国内の旅行もできなくなってしまったゴールデンウィーク。

「旅がしたい」という気持ちを持て余しているのは、皆様だけでなくアジャイル コスメティクス プロジェクト(以下ACP)のスタッフも同じです。


そこで今回は、旅好きのACPスタッフたちに「おうちでできる旅気分に浸る方法」と「もう一度いきたいあの場所・あの国」を聞いてみました。

旅したい気持ち、どうしてる?

VRメガネでバーチャル観光

VRゴーグルをゲットしたスタッフは、Youtubeでヨルダンのペトラ遺跡を観光。3Dのバーチャル観光コンテンツは増えつつありますが、やはりVRの臨場感は格別だとか。

AirPano VR というYoutubeチャンネルでは、各国の都市はもちろん、成都のパンダ基地やアイスランドの氷河、南の海の中(!)までVRで体験できます。

過去の旅の写真でオンラインアルバムづくり

画像1

あるスタッフは、過去の旅にフォーカス。友人とオンラインで話しながら、旅の写真の整理をしてオンラインアルバムにしたり、旅先で美味しかった思い出のメニューを自宅で再現したりと、今までの旅の思い出をもう一度楽しんでいます。

本で海外の暮らしに思いを馳せる

画像2

デザイナーのスタッフは、おうち時間が続いたことによって、海外の住空間に興味が湧いたそう。建築やインテリアの本を読み漁りながら、家の空間のことを考えているのだとか。外の町並みだけでなく、人々が暮らす空間の違いもまた旅の醍醐味です。

ストリートビューで辺境の地を探検

スクリーンショット 2021-04-27 1.59.41

あるスタッフは「どうせなら一生のうち行くかわからない場所を見てみよう」と、まったく行ったことのない土地をGoogleストリートビューで“エア探検”するのが日課に。意外な発見があったり、観光地ではない場所だからこその風情があったりするそう。写真はグレートブリテン島最北の村「ジョン・オ・グローツ」からの景色。

ACPスタッフのもう一度行きたいところ

そんな「おうちの旅時間」を楽しんでいるACPのスタッフですが、やはり本当は行きたい場所がたくさん。そこで、いつかなんの心配もなく旅行ができるようになったらもう一度行きたいおすすめの場所を教えてもらいました。

和歌山県 南紀白浜

画像4

「2泊3日で、アドベンチャーワールドの動物園、水族館を見たり、市場で海鮮を食べたり、温泉も海も楽しめたりとコンパクトだけれど盛りだくさんに過ごせます。」

アイスランド

画像5

「人工物のない広大な自然にただただ放り出される体験。アイスランドは日本と同じように火山の国。いろんなところに温泉やプールがあるので、ゆっくりと温泉を楽しみ、その後たっぷりと癒やしのスキンケアなどしてもいいかも。」

ミラノ、ヴェネツィア

画像6

「デザインやアート関連で頻繁に訪れていたので、毎年行きたいところ。やっぱりご飯がとても美味しい。忙しく動き回るので、時間をかけずにケアできるACPのアイテムが役立ちます。」

スリランカ

「ヘリタンスのアーユルヴェーダホテルに4年で、3回位行っていたのでまた行きたい」

こちらのホテルでは、専門のドクターが診察し、アーユルヴェーダに基づいた食事やヨガ、トリートメントを受けられるのだとか。

スペインのミハス

画像7

「白いお家とそれぞれのお家の壁に飾られたブルーの鉢植え、とただただ大きな青い空のコントラストが印象的すぎて言葉がでないほどシンプルなのにパワフルな街でした。」

タイのサムイ島

「タイローカル富裕層の方の別荘地として有名なので、なんとタイの中でも物価が一番高いのですが、そのせいかとてもお洒落なホテルやスポットが多い印象。観光せず、のんびりリゾート滞在がすきですが、地元で活躍している友人に厳選されたおしゃれスポットを紹介してもらうことも楽しみの一つ。必ずまた訪れる予定です。写真は友人のインスタアカウント。」

いつか心置きなく旅行ができる日まで。今は思いを馳せつつ、おうちでできる楽しみ方をしていきましょう。

アジャイル コスメティクス プロジェクトとは

アジャイル コスメティクス プロジェクトは「天然由来成分」の持つ「豊かな有効性」を最大限引き出しながら、製品の「官能性」を追求するスキンケアブランドであり、購入者の意見を取り入れ、製品を迅速に進化させていくプロジェクトです。
このnoteでは私たちのプロダクトに込められたストーリーや、自分の肌が心地よくあるためのヒントをお届けしていきます。

いいなと思ったらスキ&フォローお願いします!

■自己紹介記事はこちら


この記事が参加している募集

一度は行きたいあの場所

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
6
イメージはいらない、欲しいのは効果。天然由来成分の効果を追求しながら、購入者の意見を取り入れてアップデートするD2Cスキンケアブランド。製品に関してはもちろん、スキンケアやマーケティングに関する情報を発信しています。https://shop.a-c-p.tokyo/