マガジン

  • 詩集「気まぐれの一篇。」30篇

    気まぐれな僕の海(2019/1/20~2/20公開)

  • 詩集「新・気まぐれの一篇。」10篇

    気まぐれな僕の空 (2019/3/10公開)

最近の記事

  • 固定された記事

「arata」

1991.3.5生/魚座/A型 ○詩集 ○俳優業 ○映画製作 ○書 この先はあなたと一緒に  ~全詩集~ 「新たなる世界と旅路」966篇 ①「New Stone River」926篇(2033.3.3公開完了予定) ②「気まぐれの一篇。」30篇(2019.2.20公開) ③「新・気まぐれの一篇。」10篇(2019.3.10公開) 2019.3.6 執筆(arata)

マガジン

マガジンをすべて見る すべて見る
  • 詩集「気まぐれの一篇。」30篇
    【arataの部屋】
  • 詩集「新・気まぐれの一篇。」10篇
    【arataの部屋】

記事

記事をすべて見る すべて見る

    新・気まぐれの一篇。#7

    「"夜空はいつでも最高密度の青色だ"」 僕らはいつでも最高密度の幸せだ arata

    新・気まぐれの一篇。#6

    「死ぬまでにしたいこと」 それは全ての悲しみを経験すること arata

    新・気まぐれの一篇。#5

    「新月」 この世界に終わりがあるとすれば それは世界のはじまり これから世界が終わっていく arata

    新・気まぐれの一篇。#4

    「親ほどの他人がかつて存在しただろうか」 僕らはひとつなぎで存在している ひとつなぎの先には膨大な数の星が存在していた かつて親ほどの離れた星があっただろうか 僕らはそれでもひとつなぎで存在している arata

    新・気まぐれの一篇。#3

    「あなたの役割」 くだらないと思わせることがあなたの使命であればあなたの人生は成立している だからもうくだらないことはやめて自分の人生に集中しよう 集中は今日から出来るし arata

    新・気まぐれの一篇。#2

    「ありがとう」 全ての出会いに感謝、なんて無茶なことはやめようもう僕らには感謝はいらない、必要なのは知識と発想と習慣と肉体と反省と出会い。 arata

    新・気まぐれの一篇。#1

    「くだらない人間」 人間ほどのくだらない生物がいるだろうか 人間ほどの頭の悪い生物がいるだろうか 人間ほどの薄っぺらな生物がいるだろうか 僕たちは人間じゃないとすれば何者でしょうか arata

    気まぐれの一篇。#30(完)

    「改」 ネガティブ体質なあなたへ 後ろ向き体質なあなたへ 無気力体質なあなたへ 愚痴っぽい体質のあなたへ それは全て体質のおかげ おかげさまでネガティブなあなたへ おかげさまで愚痴っぽいあなたへ 体質改善すれば前向きに 体質改善すれば愚痴れない arata

    気まぐれの一篇。#29

    「勝」 運動神経に勝るものない arata

    気まぐれの一篇。#28

    「中」 そこにしか咲かない花がある その道でしか出会えない景色がある 人は退屈な日常に嫌気が差すかもしれない ただ、本当の君も本当の僕もそこにしかいない 本当の道は中を通る arata

    気まぐれの一篇。#27

    「君」 すくい上げることに何の意味があるのか分からない すくい上げることに何の執着があるのか分からない ただそれでもすくい上げる ただひたすらにすくい上げる これでもかとすくい上げる すくい上げてきた結果が今だから すくい上げてきた内容が僕だから 僕はすくい上げられてきた、君に arata