入院

皆さまおはようございます、こんにちは、こんばんは。

昨年の12月15日の事故から早くも10カ月が過ぎました。

交差点での誘発によるバイクでの直進右折事故。

左肘と、鎖骨を骨折。

プレートを入れてましたが、それを抜く手術ですね。

そのまま入れていてもよいかな?と考えたりしましたが、事故処理というのは怪我が治るだけではなく、賠償責任などがあるので、完全に終わらせないといけない。そういう意味でも完治させないとね。


事故の相手の方は22歳の男性ですが、まあ、バイクは転倒するから右折での交差点進入は気をつけてと、学習してもらうしかない。

転倒していていうのもなんですけど、下手くそですよね。最近の若者は運転が。...の割にハイエースと、その仲間のような大きな車に乗りたがる。

縦列一回で決めれない。メリハリの無い運転。

バイクも同じ。どこを走れば視界的に邪魔にならないか?とか、考えてないし、車に嫌われる走り方をしている。

みんながみんなそうでないとしても、これはトラブル起きても仕方が無いかなぁという走りをする人はいる。


まあいいや。

で、ボルトを抜いてもらいました。

画像1

先生のお話だとビス1本で3000円との事。

チタンボルトなんですね。再利用しようかと思いましたが、ネジ山が星型なんですよ。

画像2

これはちょっと再利用無理かなぁ。

プレートは、何かに使えそうですね。何かのステーとかに。


入院中って、暇といえば暇ですけど、今の時代はインターネットありますから、色々な事できますね。

私も、病院からネット検索でポケットwifiレンタル屋を探して、郵送してもらい、快適ですよ。

パケット通信だと、どんどん無くなりますからね。何もしていなくても。

いろんな受信をしてしまって、こんな時にwifi環境下の有り難さを感じます。


いろんな人が入院している訳ですが、リビングルームというのか?みんなが集まる所では、謎のコミュニティが出来上がっているのが興味深いですね。

みんなでワイワイ言いながら、野球を観てる。ずーっと何か話してる。この場で出会ったばかりの人々なんだろうけど、なんだか面白い。

たまには良いですね。入院も。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
音楽家、ギタリスト、シンガーソングライター、作曲家、作詞家、作家、聖書研究生、単車乗り、包丁使いのブログ

コメント2件

最近の若者のバイクの走り方は、コミュニケーションや生き方と重なる点があるのでしょうか。
コメントありがとうございます。

その通りなんですよね。昔は、公道でレースになっても、信号で止まって「いや〜君は速いなぁ」みたいな会話になって面白かったのですが、今は喧嘩になりますし、そもそも寛容な社会ではないのでそういう行為そのものが受け入れられないですからね。

勿論、危険運転はよくないですけど。

では、今の人々にマナー的な配慮があるのか?といえば、決してそうでは無いんですよね。

ドライブレコーダーとかなんとかで、"自分が正しい"と主張するばかりで。

簡単に言えば、譲り合いと優しさなんですけどね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。