別れ

皆様、おはようございます。こんにちは。こんばんわ。エースです。

今回は、昨日の飲み会でふと思った点を書きたいと思います。


テーマは、“別れ”。


“花に嵐のたとえもあるぞ。さよならだけが人生だ。”

とは、井伏鱒二さんの名訳ですけど、最近それを痛感します。


人生ってさよならですよね。基本的に。


死別という訳ではなくても、それぞれの人生のスピードや、目的地が異なる訳で、いつまでも一緒に居たいと願っても、それが不可能になる事がある。


”私はいつまでも共に居る”と、言えるのはその人による。

そう。その人によるのだ。


私がその気持ちを絶やさないようにしたとしても、相手がそう思うか?といえばNOだったりする。(笑)

そうなると、どうしようもない。追いかけていけばストーカーだ。(爆)


そして、前述の“花に嵐の”ではないですけど、突然の色々な嵐で別れというのも当然ありますね。


・・・ただ、気持ちのうえでは私自身としては、いつまでも共に居たいと思う。

振り返ってみて、人間関係で“花に嵐”で切れてしまったというのはあっても、基本的に私は、自分から断ったというのは今まで、


“一度も無い”


しかし、何かで先に進もうと思う場合、別れを選ぶ必要があるのも事実なのだろう。

その思考や感情の主は私ではなく、相手なのだから。


そう。だからこそ、


“この杯を受けてくれ。

どうぞなみなみ注がせておくれ。”


という想いが強くなる。


さよならだけが、人生なのだろう。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
音楽家、ギタリスト、シンガーソングライター、作曲家、作詞家、作家、聖書研究生、単車乗り、包丁使いのブログ

コメント2件

行きつけのお店の転居ですら、別れは悲しい。
ありがとうございます。ホントですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。