見出し画像

たった20万円で作ったサイトが6ヶ月後に月間300万PVを達成した方法【SEO】

※大幅に追記、更新しました。それに伴って有料化しました(すみません)

株式会社プッシュ阿部と申します。


6ヶ月ほど前に作ったWebメディアが3ヶ月後からドカンと跳ねました。

FireShot Capture 016 - アナリティクス - analytics.google.com

立ち上げから6ヶ月。累計で1,321万PVを獲得しました。流入元の90%以上はSEOです。あとはダイレクト。成長中なので、年間で4,000万PV到達ペース。


この記事では、このサイトを作った私の実体験から学んだことをお話します。

- メディア関係者
- アフィリエイター
- オウンドメディア担当者
- SEO担当者
- SEOコンサル
- Web制作関係

↑このような方には、絶対に役に立てる記事だと思います。


この記事を読んでいただければ

300万PVを一人(社員ゼロ)でやる方法

最速でSEOメディアを伸ばす方法

が分かるはずです。


あまり教科書的な内容ではありません。なぜなら教科書的な内容は役に立たないからです。

その代わり、実践的で、今すぐできるアクションをたくさん紹介しています。


どうしてこのサイトを立ち上げたのか

このサイトは、エンタメ系サイトです。エンタメ系では、PVをたくさん獲得しないと収益性が非常に悪いので、このジャンルを選んだ時点で大量のPVは必須と言えます。他のジャンルと比べれば、PVも獲得しやすいジャンルとも言えるでしょう。

ただ、僕がこのサイトを立ち上げた理由は収益ではありません。

どうしてこのサイトを立ち上げることにしたかというと、一言で言えば「大量のSEOデータが欲しかったから」です。

僕の会社ではいまSEO分析のためのソフトウェアを開発しています。SEOのソフトウェアなので、自社でSEOのデータが欲しいという意図がありました。自社のSEOデータが少なくとも1000万PVくらい持っていないとソフトウェアに説得力が出ないのと、自社での改善(いわゆるドッグフーディング)がスムーズにできないと考えました。

SEOの実験も自由にできます。お客様のサイトで実験したりデータを勝手に見たり出来ませんので。

自由に実験できて、データも勝手に見放題のSEOメディアが欲しかった、ということです。

ただ、それと同時に「あまり手間をかけたくない」という思いもありました。弊社がフォーカスすべきは「ソフトウェア開発」ですので。


そのため、以下の2つの条件のもと、今回のメディア立ち上げプロジェクトが生まれました。

1. 大量のPVを獲得する(将来的に3000万PVほど目指せる)
2. 手間がかからない

という2つの条件です。この2つの条件は、矛盾しそうだったのですがジャンル選び・キーワード選びを工夫すれば何とかなると考えました。


大量のPVを獲得出来るジャンル

ジャンル選びについては、大量のPVを獲得できるジャンルは限られています。僕はエンタメ系しか思いつかなかったので、エンタメ系にしました。


手間をかけないために

手間をかけない方法としては、「競合が弱い」キーワードを攻めることで解決できると判断しました(そして今、ちゃんと手間をかけずにたくさんのキーワードで上位表示されています)。

ちなみに、競合が弱いというのは「コンテンツが弱い」か「ドメインが弱い」か、どちらかです。

ドメインは、MozとAhrefsを使ってざっくりと見ました。あとは自分の目で見ればなんとなく「強そう...」「弱そう...」というのは分かるはずです。


さらに、キーワード選びで重視したのは「コンテンツ量産可能なキーワードかどうか」ということです。

具体的には、そのキーワードが、横展開できるようなキーワードかどうか、ということです。

たとえば、「おすすめ加湿器」だったらOKです。なぜなら「おすすめ食洗機」もコンテンツの作り方(調査方法、見出し構成など)はそんなに変わらないはずだからです。なるべく人力を使わず、色々考えたりせずに作れるかどうか?が重要だと考えました。


人力を使わずにコンテンツを作る方法は後でまとめて紹介します。


こうして、「エンタメ系」ジャンル、そして「競合が弱い」キーワード、「量産可能な」キーワードを狙うことが決定しました。



ここから本題です。
実際に私がやってきたことは何か、についてお話していきます。

SEOメディア立ち上げ~成功まで

SEOメディアを立ち上げてから成功するまでは、このようなフローが理想的です。

FireShot Capture 081 - SEOメディア立ち上げ~成功まで, Online Whiteboard for Visual Collaboration - miro.com

↑今回は、この「立ち上げ前」の戦略がとても大事だという話です。


戦略が9割な話

SEOメディアは立ち上げ前の戦略が9割だと考えています。

戦略の基本は「勝てる場所を選ぶこと」です。勝てる戦いしかしてはいけません。


そもそもインターネットを分類すると...

画像5

インターネット全体

Google全体

このように分類できます。

インターネット全体の中に、「検索エンジン」「SNS」があり、

その検索エンジンの中に「キーワード」があるわけです。

最後の枝葉になるのが「キーワード」というわけですね。


勝てる場所を選ぼう

勝てる場所とは?

「勝てる場所を選ぶこと」をSEOメディア用に具体的に分解すると

勝てるジャンルを選ぶ
勝てるキーワードを選ぶ

といった感じになります。

たとえば、「美容」ジャンルでは絶対に勝てません。@cosmeやLIPSなどのプラットフォーマー的なポジションがある上に、美的comなどの大手美容雑誌系のメディアがとても強いからです。自社に強い独自の資産が無い限りは、やるべきではありません。

そんなときは、「美容」ではなくて「敏感肌の男性向け化粧品」ジャンルに絞ります。そうすれば勝てそうじゃないですか?


このように、勝てると思えるまで絞るのが良いです。

「美容」ではなく「敏感肌向け」「男性向け」「まつげ美容液」のようにどんどん小さく絞っていきます。

これが、「勝てる場所を選ぶ」ということです。


コンテンツの作り方に強みを持とう

勝てる場所とは? (1)

勝てる場所を選ぶことに加えて重要なのが、

コンテンツの作り方

です。コンテンツの作り方に強みがあるのが理想です。このジャンルについては独自の経験があるとか、独自の経験があるライターを知っているとか、そういった強みですね。


このような立ち上げ前に決めるような戦略に関する意思決定は、「何を目指すか」によって異なるので、それぞれで考えるしかありません。


SEOメディアの成否は、この戦略が9割だと考えているので、戦略検討フェーズにはかなり力を入れて調査・分析するのがオススメです。


まとめると、サイトを作る前に下記をチェックしておけばOKです!

この続きをみるには

この続き: 8,116文字 / 画像9枚

たった20万円で作ったサイトが6ヶ月後に月間300万PVを達成した方法【SEO】

阿部 隼也

980円

ありがとうございます!!!!!
1,331
イベントQ&Aツール LiveQ https://liveq.live を運営。CEO/Founder at https://push.co.jp , https://twitter.com/abeshunyah