新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

山下店長と話そう。


山下店長と話す、という至極シンプルな企画が始動しました。以前はお店の大教室で新年会をしたり、近くの居酒屋で飲んだりしていたのですが、状況が状況なので……オンラインでゆるりと集まってみました。

意気込みを聞くと、「(メンバーからの質問に)なんでも答えます」と店長。いつになく気合が入っているような。ここでは、当日の様子をダイジェストでお送りします。

ーー7月に推したい本は?

うちが絡んでいる、『こんにちは未来』の3冊セットです。普通に面白そうだし、デザインもしっかり組まれてるのでおすすめですね。

コロナ禍で思ったんですけど、この本もポッドキャストの番組を書籍化したもので、対話形式っていうのは読みやすいなって。こういうときだからこそ、話し言葉ベースの方が入ってきやすいなっていう。

それはもしかしたら、ラジオとかもそうかもしれないですけど。

※続報が本日公開されました。まもなく発売日が決まるそうです。


ーー体調は?

ボロボロっすね(笑)。

コロナ疲れは正直あって、ある版元営業の方から「判断疲れ」というメールをいただいて、ほんとそれだなって。営業時間を変えたりとか、新しいことやったりとか。別に今まで考えてなかったわけじゃないですけど、売上以外のことを考えるのがめちゃくちゃ大変です。

かつ、低気圧に弱くて……年々弱ってってる気がします。


ーーリツイートされていた首と肩のストレッチやりました!

鈴木(孝佳)さん、あの人すごいですよね。一気にフォロワーも増やしてて。ハヤカワ五味さんとか深津さんもそうなのかな、noteの。あの人たちのパーソナルトレーナーをやってて、前から見てたんですよね。

そしたら新刊が出て。ジムも近そうなので何かご一緒できたらなと思って、ツイッターで絡んだら返信くれました。「背中を丸める」っていうツイートはめちゃくちゃ伸びたんじゃないかな。

※その後、無事に入荷されたようです。


ーー青山ブックカーニバルはどうだった?

当日は楽しかったですよね。たぶん、準備の方が自分よりもコミュニティーの皆さんが関わってくれて大変だったんだろうなって。

Twitterで感想を見てても盛り上がってくれてたし、ABCとか自分宛のお客さんはびっくりするくらいいませんでした。それが結構、新鮮で。オンラインでランダムで突っ込む面白さ……リアルのイベントでは、ああいう出会い方はしないので。

あれのちゃんとした本屋バージョンもやりたいですね。あと、リアルで今後できたらなというのが理想ですね。


ーーリアルイベントはいつから?

7月4日に一発目をやります。武田鉄平さんというアーティストの方で、ポスターを売るんですけど問い合わせがすごくて。オンラインイベントの場合、始まってから問い合わせが来ることもあるので大変です。


ーー猫は好き?

ずっと犬派だったんですよ。猫はどっちかといえば苦手で。

前に横浜に住んでた頃、近所に野良猫が大量発生して、まじで可愛くなかったんですよね。ツイートとか皆さんの写真で見るような感じではなくて…そういうトラウマがあって。

でも、保坂和志さんの小説が好きで、200%猫が出てくるので(笑)。だんだんトラウマを克服しつつ、最近は猫も可愛いなと思えるような、そんな感じです。


ーー飼ったことは?

ないです。いま一人暮らしですけど、絶対に無理だろうなって。生活ができない人なんで。自炊もしないですし。

でも、デザイナーのタカヤ・オオタさんが猫を飼い出したんですよね。ちょっといいなっていうのは思いつつ、でも無理だなって。Aoyama Book Catで我慢します。


ーー睡眠時間は?

短い時は3時間だし、平均すると5〜6時間ですかね。寝れなくなってきてますね、もうすでに。衰えを感じます。


ーーAoyama Book Careを始めないと…

こないだちょっと耐えきれず、マッサージに行ったんです。中国の「カッサ」っていうんですかね、撫でるやつ。擦っていくと、めっちゃ赤くなるんですよ。

やってもらったんですけど、担当してくれた人史上「アナタ一番悪イデス」って言われて。もう、背中じゅうが赤黒くて。悪いところ、要するに血行が良くないところだけがそうなるらしいんですけど、腰とか足もやってもらって、そっちは全く出ないんですよね。

いや、まだ赤いすけど…やばいです。1週間くらい消えないらしい。


ーーAoyama Book Careというコミュニティー合宿をやりましょう。ゆっくりしていただいて、パフォーマンスがさらに上がったら、また本が売れるという。コミュニティーの理念と合ってます。

それ、合宿でやる必要ないですよね(笑)。


ーーTwitterにスタッフの名前入れてますよね。

そうですね。ゆくゆくは棚担当者の名前プレートを貼って、そこに投げ銭とかできるようにしてみたいです。

せっかく各担当がいるんで、誰かしらに引っかかってくれればいいかなっていうのは思ってます。「マンガの棚はいつ見ても面白い」とか、そういう風に言われるようになってきたりしていて、地道にやってくしかないんで。


ーー夏が来ますね。

夏はうち、弱いんです。渋谷からも表参道からも歩きたくないっすよね。自転車で通勤してて、呼吸できない!とか思いますから。

でも、今年も「100何十人選書」はやろうと思ってます。あれも120人ぐらいには自分がメールしてて、一斉送信せずにその人によって挨拶文を変えてるんで。イベントとか、こないだ会ったとか、新刊楽しみですとか。またやんなきゃなって。


ーー天気の話をよくしますよね。アプリは何を使ってる?

自分が自転車通勤っていうのもあるんで。かつ、営業的にも大きいので、雨が降ると。一応、Yahooのアプリは見てるんですけど、最近は当たんなくなってきてるので、当日雨雲レーダーを見て判断してます。

今月は土日のどっちか雨っていうのが多かったんですよね。それで売上が変わっちゃうんで。本当、雨が降ると台風並みにお客さんが来ないですからね。

※「コロナで飛行機が飛ばないせいで天気予報の精度が落ちてる」とのコメントあり。


ーーコミュニティーについて考えてることは?

難しいなっていうのは正直あります。退会される時にも温かいコメントとか丁寧に書いてくださるけど、すごい難しいなって。読み物とかコンテンツを増やすだけなのは違うなって思うし。迷いながら、ではありますね。

プラス面では、想像以上に助けてもらっています。こないだのブックカーニバルもそうですし。皆さんの仕事の進め方を見て、めっちゃ丁寧だなって思いました。自分だけではできてないし、メルマガのタイトル起こしもそうですし、イベントのレポートも。それをあまり仕事っぽくなく楽しんでやってもらってるのはプラスだなって思ってますね。

リアルで集まれたら大きかったなとも思いますし、そこをしばらくはどうしてくのかっていうのは考え中です。


ーーお店に行きたくなるコミュニティーっていう面もあります。

集まった人によって形が変わっていくとは最初から思ってたので、こっちが理想型を持ってても、皆さんがそれを望んでなかったら意味ないですし。

ABCが箱だとしたら、それを自由に使ってもらえたらなとは思ってます。自分がゴーサイン出しながら進められてない企画もあるんで、その辺はケツを叩いてもらいながらどんどんやっていきたいなと思ってますね。ステッカーとか。今後も遠慮なく言ってもらえればと嬉しいです。


ーー今日もそうですが、生の声って大事だなーと思いました!

猫と体調と天気の話ですけどね(笑)。


ーー心配なんで、毎月やりましょう。別名Aoyama Book Careで。

トークイベントとは別に、「話そうの会」は月1でやっていきたいですね。


ーー店頭で店長に会ったことがありません。本当にいますか?

いるんだけどな。エプロンはしてなくて、今はオールユアーズさんの黒いアミードっていうジャケットを着て、それで早歩きでスタスタしてます。

自分が普段いるのが、レジ横の裏の方なんですよ。いるっちゃいるんですけど、売り場には早く品出しするようにしてるんで。著者さんとかにはよく会うので、タイミングかな?


ーー見かけたら話しかけてもいい

大丈夫……だと思いますよ。


ーー握手はしてくれる?

握手は今あれなんで、エルボーで(笑)。

画像1

いかがでしたか? 本当に居酒屋で飲んでるみたいな会でした。結局、それが楽しいんですけどね。(猫のくだりで本の話が出てきたときは「おお!」となりました。)

面白そうだなと思った方は、是非コミュニティーを覗いてみてください。

テキスト:松下大樹

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
18
青山ブックセンター本店が主宰する、オンラインコミュニティー→https://community.camp-fire.jp/projects/view/207496 青山ブックセンターの可能性を拡張し、新しいあり方を一緒に作る人と出会い・交流するコミュニティのnoteです。

こちらでもピックアップされています

#青山ブックコミュニティー
#青山ブックコミュニティー
  • 6本

青山ブックコミュニティーのメンバーによるマガジンです。コミュニティーの活動や思いを発信していきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。