見出し画像

スティホームシアターを実現する家庭向けプロジェクター エプソンdremio EF-100WATV

コロナで自粛の中、ただでさえ減った映画館に行く機会がもはや壊滅的な状態。とはいえ、11月公開予定に延期になった007の新作No Time to Die公開時には是非コロナの心配なく映画館で観たいものです。

007No Time To Die公式サイトのRoyal Doulton製Jack the bulldogの置物。これがかわいく見える時点でおかしいかもしれません。でも、欲しいようなあってもきっと持て余すような複雑な気持ちです。。。

これまでのテレビ環境

長い期間42型プラズマテレビを使っていてそれ自体に不満は無かったのですが視力の減退と共にプラズマテレビ画面の輝度が強く感じるようにまた輪郭がぼやけて見えるようになって、いっそ映画館のように投影する大画面にしたら目に優しいし字幕も読めるだろう。そんなちょっとした憧れがあって、当初3万円の超小型プロジェクターで動画を見ていました。これがはじまりです。

しかし、その3万円のプロジェクターで見ようとすると、普通にテレビを見ることと随分違いがありました。まず明るさ問題。日が出ている間はスクリーンに映った映像が見えない。本体からの音では割れまくってひどいから別途ステレオアンプに音を繋げる。配線だらけになります。プロジェクターにブルーレイレコーダーにステレオアンプにたくさんの電源を入れなければならず、設定も変えて、さらにプロジェクター自身の高さ調整のため下のような小さめの三脚を準備していました。もはや設定した自分ですらテレビを見なくなりました。。。

ちょっとつまらないことですが、ケーブルが増えたり、抜き差しが発生する時点でテレビから本格的にプロジェクターへ移行する気持ちが萎えるものの。いつかは明るいプロジェクターで昼でも映画を見たいと憧れていました。

飛び込め!本格的プロジェクター生活!

こころから今回のエプソンのプロジェクターdremioのEF-100WATV導入の本題です。

ホームオフィスを志向したところで、テレビがあるとちょっと所帯じみてしまうということからまずは退路を塞ぐ意味でテレビを手放しました。

前に使っていたことをベースにすると、予算10万円程度までで、音をコンセントで繋ぐのは格好悪いからBluetooth aptX接続は必要。また、HDMIケーブルレスで、電源ケーブルだけにしても使えるようにAndroidTV端末機能があり、出来るだけ明るい機種で探しました。

3万円から10万円程度でレーザー光源はあまたありますが、長く使うことを考え日本国内でのサポート体制がしっかりしているメーカーとしたところエプソンのこのdremioが選択枝に入ってきました。もっと予算があればWiFi投影出来てもっと明るい機種もありです。プロジェクターの機能はWXGA1280x800の解像度の3LCDを2,000lmのレーザー光源で照らすものです。まずはメーカーリンク

映像入力はHDMI一択で、電源用にUSBが一つだけとプロジェクターとしてはとても割り切った設定で、ステレオミニジャック端子から音声出力も可能です。

android TV同梱モデルにしたのですが、実際のところChromecastがあれば不要でした。

またリモコンも付属していますが、一度設置してしまうと電源スイッチを押す以外は使わないためリモコンを使う機会は今のところありません。ただ

このプロジェクターの一番の魅力は箱型で部屋のインテリアを興ざめにしない程度のデザインを保っていること。ファンの音も比較的静音なものが使われていることです。

仕事場で使う5万円程度のプロジェクターに対する優位性はステレオへaptXのBluetooth受信機経由で音を飛ばすことが出来ること。WiFiで飛ばせたらもっと良かったですね。

Android TVを繋ぐときは、ブルーレイレコーダーとHDMI入力端子がバッティングしてしまうため結局のところ今はブルーレイレコーダーとだけ繋いでいる状態です。ブルーレイレコーダーにもNetflixやAmazon Prime Videoのアプリが入っているのでAndroid TV端末は不要でありました。

IKEAの木製スツールに乗せて

また、台座は、以前、蒲田の古道具屋さんで1,000で見つけたIKEAのバーチ材の木製スツールです。これ、代官山ヒルサイドテラスにあるヒルサイドパントリーの地下へ降りる階段の踊り場のイートインスペースに並べてある椅子そのものだったりします。

プロジェクターの一番の悩みどころは「どこに写すのか?」かもしれません。当初は白い壁紙へ直接投影していました。これでも十分なのですが、最近ちょっと洗濯物を干す場所に使っているためにパーティションと撮影にも使える白いスクリーンを購入し、物干し竿に通してここに投影しています。


横幅180センチなので、およそ80型のサイズの177×100センチに74センチのスツールから投影する場合だいたい 2メートルちょっと離れた距離から投影しています。

パーティションの裏側には、ホワイトボード用のマグネットシートも貼ってあります。ここに写してもいいのですが、折り目のところが気になってしまい結局白いスクリーンに投影することにしています。しわが寄ってしまうのを、大きめの洗濯バサミで張らせてしつけています。

音は、dremioから持っていたAnkerのトランスミッターにつないだステレオへ飛ばしています。手持ちのアンプとスピーカーを使いたかったこと無い、テレビはせいぜい映画を見る2時間程度がほとんどなので熱問題はそんなに気にしないで良いですが、今ならサウンドバーへ飛ばすのもありですね。

テレビを見る時の儀式は次のとおり

「プロジェクター」の電源を入れると「プロジェクター」の連携機能で「ブルーレイレコーダー」の電源も連動して入ります。しかしそうすると、プロジェクター本体から音が出るのです。プロジェクター本体に5Wスピーカーがあり、ニュースを聞く程度ならこれでも全然大丈夫ですが、映画を見るとなるとどうしても音場が物足りなくなります。そうすると「Ankerのトランスミッター」「ステレオプリメインアンプ」の電源を入れる必要があります。「Ankerのトランスミッター」と「ステレオプリメインアンプ」の間は光デジタルケーブルで繋いでいます。スピーカーが貧弱なのが良くわかる程に随分とクリアなサウンドになります。

テレビの置き換えはおすすめしないかな

ここから結論です。テレビが大好きな方は、テレビとは別モノだと思ってテレビを先に手放すのはおすすめしません。あくまで、映画館気分を味わいたいという感じでしょうか。南向きのリビングルームですと昼間はかろうじて何が映っているか見える程度です。(以前のプロジェクターは全く見えなかったことに比べるとまだ明るいですが)

遮光カーテンで暗くするか午後3時以降ぐらいから直射日光が入らないようにしてなら画面が見えます。

私の場合、ホームオフィスとしてPC画面を映す場合にはやはりカーテンを閉めないとちょっと辛いです。(まだその機会はありませんが・・・)

YoutubeやNetflixといった動画を見ることは別途PCにつないだ31型モニタがあるためプロジェクターはブルーレイレコーダーに録画した映画を気合いを入れてみる時ぐらいで画質的には視力1.0程度で見る限り充分切れのある画面に見えます。深夜部屋の明かりを消して見ると黒がよりよくなるので満足します。

最後に一番の満足は

テレビを置いていたスペースを無くせたことにより、部屋のレイアウト変更をやりやすくなったことと、TPOに合わせてプロジェクターをなくして部屋をスッキリさせることも出来るようになったことに満足しているという効果が一番高かったと思います。

だったら、別に10万円もするプロジェクターじゃなくても良かったのではないか?と言われるとそうですね。ただ、モノとして1万円から買えるプロジェクターにはないモノとしての満足度がこの四角ばった箱のデザインのプロジェクターにはあったので私にはこれが良かったと思えます。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートお願いします!

スキありがとうございます!めちゃくちゃ励みになります。
この道を通じて前向きな会話が生まれることに繋がればいいな。

こちらでもピックアップされています

この道シリーズ
この道シリーズ
  • 26本

この道の彼方約束されたはずの場所があると信じていきたい・・・

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。