見出し画像

2018年:私的音楽LIFEふりかえり

この記事は「書く」を学び合い、「書く」と共に行きたい人の共同体「sentence」のアドベントカレンダーに参加しています。

==

社会人生活になりもうすぐ15年が経つ。

学生時代、そういえばこんなことを考えていた。社会人になったり、結婚して親になっても映画や音楽に感度が高い大人でありたいと。

現実は…社会人になってからは、仕事に没頭(一人前になるのに必死だったり、なんだかんだ仕事が生きがいになってた?)。
また結婚し出産してからは子どもが最優先の志向になり、学生時代あんなに好きだった映画や音楽から、10年余りすっかり縁遠い生活を送っていた。

そんな状況が、2016年秋に夫が単身赴任することになったことで一変。彼とは映画研究部で出会い、音楽や漫画をいろいろ教えてもらい仲良くなった。彼は社会人になっても父親になっても私とは対照的に音楽にアンテナを張り、レコードやカセットテープを収集していた。

一緒に住んでいた頃はそのスタイルが疎ましかったりして彼の好きな音楽は受け入れられなかったのと、彼が几帳面なため触って怒られるのが嫌だったので触らなかったのだが、離れて暮らすようになり音楽に再びはまることに─。

10年超のブランクを経て、2018年は人生で一番音楽にどっぷり浸かった一年だった。音楽にはまったきっかけがいくつかあるので、振り返りたい。

①ぷらナタ

Youtubeで見つけた「ぷらナタ」(今は「ぷらすと」)という番組。

ぷらすととは?
毎回それぞれのシーンの中で一家言を持つ論客をお招きし、映画、音楽、アニメ、スポーツ、さらには時事的な話題まで欲張りに、そして愛を持って深堀りトークするエンターテインメント&カルチャーキュレーション番組。
(「ぷらすと by Paravi」Webサイトより)

はじめに見たのはすでに好きだった「シャムキャッツ」の回。出産後、2度だけ子連れで「ジオラマミュージックフェア('13'15)」というライブに行っていて、「シャムキャッツ」は'15でライブを観て好きになったバンド。

次に「ジオラマミュージックフェア'15」で存在は知っていた(夫と入れ替わりでライブを観ていたため、ライブは観ていない気がする)、「スカート(澤部渡)」の回を見た。

ゲストのルーツとなるアルバムを紹介する『私を構成する9枚のアルバム』というのが番組のメインコーナーなのだが、澤部さんのルーツ話がすごくおもしろくて、この番組にはまるきっかけになった。

澤部さんの《私を構成する9枚のアルバム》
・RCサクセション / 楽しい夕に
・はっぴいえんど / 風街ろまん
・yes, mama ok? / Q&A 65000
・XTC / Drums & Wires
・Blossom Dearie / Sings
・豊田道倫 / SING A SONG
・カーネーション / Parakeet & Ghost
・MOONRIDERS / DON'T TRUST OVER 30
・SPARKS / No.1 In Heaven
(ぷらすとブログより)

1枚目に挙げられたのが、RCサクセションの「楽しい夕に」という1972年発売のアルバム。小学生の頃にYMOが気になり出し、YMOが好きならレコードがあると、両親がレコードプレーヤーを買ってくれたそう。YMOを最初聴いていたら、お母さんが昔買ったRCサクセションのレコードが家から何枚か出てきて、一番ハマったのがこのアルバムとのこと。小学生でYMOが気になってRCサクセションにはまるとか、ミュージシャンのルーツおもしろすぎる…。

この回で「ぷらナタ」のおもしろさにはまり、いろんなミュージシャンを知ることに。

②ライブ

「ぷらナタ」をきっかけに、家にあったレコードを聴いたりして2017年にはまったミュージシャンが「ミツメ」。

どうしてもライブが観たくて、映画研究部時代の友人を誘って、「Scramble Fes2017」へ。

すでに知っていた「ミツメ」「Special Favorite Music」のライブが見れた嬉しさと、初めて出会った音楽/ミュージシャンの衝撃が混ざる1日だった。
「Scramble Fes2017」後にはまったのは、「Tempalay」「MONO NO AWARE」「CHAI」&「Tempalay」と「Ryohu」のサポートをしていた「AAAMYYY」。

そして、2018年は以前から気になっていた「FUJI ROCK FESTIVAL」へ!!
「ぷらナタ」きっかけで知った「D.A.N.(2016.4.13配信)」や「WONK(2017.7.12配信)」のライブが観れて、大自然の中で新たな音楽との出会いもあり大満足だったが、台風直撃で無事に家に帰れるのか超不安な気持ちになった初フジロックだった。

「sentenceオンラインゼミ」で書いたフジロックレポートはこちら

ほかに、2018年は友人との日程調整をあきらめ、1人で4本ライブに行った。

1)7月14日(土) LIQUIDROOM 14th ANNIVERSARY

「Tempalay」のライブがまた観たくて行ってみたこのライブ。「odol」と「Tempalay」もよかったけど「OGREYOUASSHOLE」のライブがめちゃくちゃよかった。

2)7月15日(日) Homecomings presents “Better Things”

Homecomingsのライブも観てみたくて下北沢へ。ライブ連チャン&狭いスペースに人がぎゅうぎゅうでHomecomingsが出てくる頃には腰にきていたが、ホムカミが生で観れたし、ZINEもゲットでき満足。

3)8月12日(日) cero主催イベント“Traffic

フジロック3日めのYoutube配信でceroのライブを観て思わずチケット購入。
FOOD(Roji,えるえふる)がおしゃれでおいしかったのと、「SPANK HAPPY」「PUNPEE」のライブ、「VIDEOTAPEMUSIC」「G.RINA」のDJが観れたのが収穫だった。

4)9月22日(土) ZOMBIE-CHANG “PETIT PETIT PETIT”RELEASE TOUR

never young beachのメンバーがサポートしているきっかけで興味を持った「ZOMBIE-CHANG」。「ぷらナタ(2018.7.18配信)」観たらすごく美人なのにキャラがおもしろくて、ライブに行ってみることに。ライブもかわいくておもしろかったし、対バンの「neco眠る」「思い出野郎Aチーム」もよかった!

③ラジオ

最後はラジオ。2018年はこれまで生きてきた中で最もラジオを聴いた。

2018年に聴いていたラジオ番組
・月曜日 「J-WAVE KINGS PLACE:CHAI
・火曜日 「αSTATION FLAG RADIO:D.A.N.」※偶数月
・水曜日 「J-WAVE KINGS PLACE:never young beach
     「αSTATION MOONRISE KINGDOM:Homecomings」
     「InterFM RADIO GNU:KING GNU」
     「東海ラジオ LIFESTYLE MUSIC:Tempalay」※9月末で終了
・木曜日 「InterFM WONKRADIO:WONK」
・金曜日 「J-WAVE SOFA KING FRIDAY:PUNPEE」

「Tempalay」のラジオが聴きたくて、今年2月にradikoプレミアムに入会。ミュージシャンの素のトークが聞けたり、洋楽などいろんな音楽と出会えてラジオにはまった。

Homecomingsのラジオがきっかけで、映画にも再びはまることになったのだが、それはまた今度書きたいと思う。

すごく長くなったが、2018年は音楽に支えられ、楽しませてもらい、世界を広げてもらった1年だった。

来年もたくさんの新しい音楽と出会えますように!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
8
IT企業で、店頭プロモーションとSNS・社内報の運営等担当しています。デザイン・広報・ライティング・写真・音楽・映画・編集・スタートアップに興味があります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。