見出し画像

自然相手にはしゃぐ

とある山中の石碑の前で、そこに書かれた文字を写生して読解していた時の話し。
その日は日差しが眩しくて、ハイマツとダケカンバの影に腰を下ろし、文字を目で追っていた。

なにぶん山の中なので静かだ。人もいない。といっても、全く音がない訳ではなく、ザァーっと吹く風、ガサガサと動く小鳥、カサカサと歩く虫、そんな音は聞こえてくる。
その中で、ショリショリショリ・・・という何か得体の知れない音がかすかにしてきた。
写生した用紙から目を離し、音の方へ顔を向ける。
一匹のアキアカネがいた。
でも、アキアカネはトンボだ。いわゆる鳴く虫ではない。

????

疑問を抱えたまま目を文字に戻す。
すると再び「ショリショリショリ・・・・」

ううううん!?

振り返る。
アキアカネ以外何もいない。
まじまじとアキアカネを見ると、わずかに音を立てながら口が動いていた。
「え?あ、お前なのか!!」
思わず声に出していた。
写生した用紙を放り出し、今度はそのアキアカネに向き合う。
大きな複眼が付いた頭部がキョロキョロ動いた。

次の瞬間、目の前を通過する小さな昆虫めがけて飛びたち、弧を描いて戻ってきた。口を見ると「ショリショリ・・・」と動いていた。
「そっかー。音の出どころはわかったけど、今それ食べてるの?動き早すぎてよく分かんないし。」
ひとりごとなのか、トンボに話しかけてるのか、私にも分からない。

私はいっけんするとマジメな普通の人だけど、自然相手になるとこうなる。
都会の公園でもそうだ。そうして楽しんでいる内に、気付きがあったり、疑問が湧いたりする。実生活において必須の能力じゃないけど、そうしたくなるのなら、素直にその感覚に従った方が楽しい思う。
こんな道端の花を見るなんて変な人に思われちゃう、虫なんか見て、なんて気にしない。
別に変な人でもいいじゃないか。

こどものように、知らないことを知った!見つけた!と楽しむ心がある人は、思うまま感じるままに楽しんでみて。
頭で考えるのは、それからだ。

後日、トンボの咀嚼音について調べてみたけど、明確な答えにはたどり着けなかった。
これで未解決の扉がまた一つ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

とても嬉しいです!
1
北海道の色んなエリアで自然観察オタクをしています。 自然の中に身を置いた時に感じる内面的な部分を文章で表現してみました。 気の向くまま、飾らぬままに書き綴るので、個性丸出しになりますが、よろしければお立ち寄りください。 www.ng-cocowa.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。