見出し画像

加速する気候変動、あなたは何をする?

今冬の北海道は、記録的な雪不足だ。気温も高い。
先週は寒波のお陰で、ドカ雪が降った地域はあったものの、
例年にない降り方だった。
周囲からは「今年は変だ。」「今回は異常だ。」そんな声が聞こえてくるが、私としては「あぁ、またか。」という感想だ。
記録的な暑さや乾燥、豪雨、そんなことは随時どっかこっかで起こっている。今年、あるいは今回がおかしいなんて思わない。今年もおかしいのだ。

画像2

2019年5月26日には、北海道の佐呂間で39.5℃と史上初記録を更新した。この日は全国的に気温が上がり、5月に真夏日!と騒がれたのが記憶に新しいはずだ。

画像1

2020年2月12日の北海道・室蘭はこれだけ気温が上がった。
道内各地で3~4月の初春並の気温になった。
こうして「異常だ。」「おかしい。」と季節毎に言われる時代が近くやってくるだろうと、自然環境系の大学にいた十数年も前から想像していた。
もっと遡ると、小学生の頃から薄々気づいていた。当時授業で習ったのは、酸性雨やオゾン層破壊、森林破壊、温暖化。はたまた、人口ピラミッドの崩壊。ぼーっとした子供だったけど、長い目で見てこのままではダメなの分かってるのに、世の中は変わろうとしていないように見え、大人は何してんの?と不信感を抱いた。人間は地球のために絶滅したら良いんじゃないかと、極論かつ攻撃的な思いさえ抱いた。
中学生の時は、「将来は自然環境を守るような職に就きたいから、少しでもそういうことが出来る高校に進学したい。」と担任に言ったら「志は素晴らしいが、お前の考えは・・・時代がまだ早い。職も厳しいだろう。」と言われ、目の前の担任含む社会全体に対して軽く絶望した。早いって何だ?遅いくらいじゃないの?臆病者だったので、決して口には出さなかったけど、ぼーっとした私でさえそう感じたのだから、同じように感じる友人はきっといただろう。まして、情報が簡単に手に入る今の時代の子供は、もっと強く感じているんじゃないか?

画像3

あれから、世界は急速に変わったと思う。この流れはもっと加速しそうだ。気候はもちろん、経済、人口、全てのことが絡み合って。
変わっていく流れの中で、今まで通りのやり方にしがみついていてはダメじゃないか?私は私ができる範囲のことをできるだけやっていこう。そのために、やり方を大きく変化させる考えを3年前から巡らせ、自分のやってきたことも、これからやりたいことも、自然ガイドという枠にとらわれない形で出来ると確信し、1年前に決断した。
経済的な問題が立ちはだかり、具体的な行動はこれからだが、森の中に家と小屋を建て、森を生かしてエネルギーをある程度は自活し、森のある空間を思い切り楽しむ。それを一緒に楽しめる人は、もと自然ガイドの私が、いい意味で巻き込む(詳しくは→こちら)。そして、その空間は、自然関連の職を志す若手にいつか譲りたい。それが、いまの私にできる最大の行動だ。今年で38歳、世間ではまだ若い方だが、時間は無限ではない。ぼーっとしていると詰むぞ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでくれてありがとうございます!
3
北海道の色んなエリアで自然観察オタクをしています。 自然の中に身を置いた時に感じる内面的な部分を文章で表現してみました。 気の向くまま、飾らぬままに書き綴るので、個性丸出しになりますが、よろしければお立ち寄りください。 webサイト→www.ng-cocowa.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。