あっきい
届けたい気持ち
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

届けたい気持ち

あっきい

私には必要な人に届けたい気持ちがあります。

その思いが始まったのは2015年からでした。


きっかけとしては

学校に行きにくくなった息子のことを何とかしたいところから。

ダメダメな自分の考え方を根こそぎ修正したい気持ちもありました。


自分が息子のことを不登校児だと
認められるようになるまでに時間がかかりました。
認められても いばらの道は果てしなく続いており
暗いトンネルに迷い込んだようでした。
コーチングを学んで家族の形を何とかしようとするうちに
自分のやりたいことが ぼんやりと見え始め活動開始となりました。


2016年11月杉並不登校親の会ChatCafeを立ち上げる
記録note

人が集まろうが集まらなかろうが
活動を続けていくと

少しずつ口コミで人が集まってきました。

不登校ライフのことを話せないことが
つらいという自分自身の気持ちをベースに

2つのSNSコミュニティを作りました。

さらにコロナ禍の2020年には

ChatCafeオンライン版を立ち上げました。


不登校ライフで同じような状況の人とつながり

おかげさまで気持ちを分かち合いたいという思いが叶いつつあります。

気づくと息子たちの不登校ライフは終盤に差し掛かってきていました。

私は自分の悩みや問題がなくなったら終わりだとは
最初から全く思っていませんでした。
なぜならば、不登校ライフは
不登校になった人、関わった親御さんにしかわからない
辛さがあるからです。


2020年
学び始めたストレスクリアが

今まで味わったことがない感覚で
自分自身に大きな変化をもたらし

目に前の現実を変えていきました。

セッションを受けていくと自分の根っこにあった

ドロドロした負の気持ちに対面しました。

ネガティブに蓋をしてここまで生きて来たことを
知ることになりました。

ここから

息子たちとの関係性に変化が訪れました。


今まで学んできたコーチング、カウンセリングとは
別の心理学メソッドであるストレスクリア

潜在意識の領域に入り

自分の無意識の部分を掘り起こすことになります。

私が推す点は
効果が早い
リバウンドがない
頑張らなくても現実が変わる
というところであります

もっと早く知っていたら自分の不登校ライフ終盤まで
14年もかからなかったかもしれないと感じました


生きづらい死にたいと言っていた家にいる息子。
今は自分の道をみつけ、うまくいかないときは
私にその状況を話すようになりました。

自分を変えようと思わなくても
現実が変わる
叶えたいように変わってくる


そんなストレスクリアに出会って
心からよかったと感じています。

私は世の中のすべての人を救えるとは思っていませんが
コミュニティで関わった人だけでも
何とかしたいと思います。

せっかくなら、みんなにも早く楽になってほしい。

この思いから
ストレスクリア体験を企画しました。



ご興味ある方は

メールでお問い合わせをお願いします。

✉mariaki929@gmail.com










この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あっきい

よろしければサポートお願いします。いただいたサポートはクリエイターの活動費として使わせていただきます。

あっきい
3人の息子との14年間にわたる不登校ライフを書くことで自分自身の備忘録になる一方で、同じように苦しんでいる方たちへのエールとなったら ありがたいです。