見出し画像

秋の諏訪vol.2

林聰

昨晩は無事に楽しい宴会をすることができましたことを感謝申し上げます。
諏訪大社の神々さまへ

と、言うことで二日目は諏訪大社下社秋宮と春宮を参拝することにした。
最初にホテルから車で10分くらいのところにある下社秋宮に向かう。

諏訪大社下社秋宮の鳥居
諏訪大社下社秋宮拝殿

こちらは上社本宮と前宮のと違い、規模が大きく、又彫刻が施されていて立派な拝殿である。
森の静けさの中で、心が洗われるようである。

     (たくさん洗ってこい!)

洗い終えたところで、最後に下社春宮の参拝である。
ここ下社秋宮からは車で5分くらいである。
心を洗えたせいかパワーがついたような気がしたので、歩いて行くことにした。
静かな住宅街の路地を散策しながら15分。
ようやく下社春宮の鳥居が見えた。
他の3つの鳥居と比べると小さく迫力に欠けるが神聖さが感じられる。

諏訪大社下社春宮の鳥居
下社春宮拝殿

こちらの拝殿も彫刻が施され立派なものである。
ここでも森の静けさの中で心が洗われそうである。
(もっと洗えと言われているような気がする…)

無事に4つの諏訪大社全てをお参りすることができた。
なんだか心が洗われた気分に浸っている。(自己満足)
何か御利益が有りそうだ!(幸せだ~)

早速、爽快な気分で再び湖畔をドライブ。
ホテル近くに戻り、何か獲物を見つけるように物色を始める。
なにやら歴史的な価値が有りそうな建物が見えてきた。

国重要文化財 片倉館

昭和初期に建てられた温泉浴場とのこと。
当時の地元有力者片倉さんが、地元の人の為に作ったらしい。
地元の社会貢献のために何をすべきかを欧米で学んだとのこと。
偉い人がいたんだなあと感心する。
千人風呂とも言われており、たくさんの人が入浴できるらしい。
既に地元のご年配者が立ち話をしている。
一っ風呂入るのだろうか…
今度来たときに入ろう!(今直ぐに入れ!)

なんだかんだ腹が減った。
グレードが高そうな旅館ホテルを横目にドライブする。
湖畔から内陸部に入ると何やら城が見えてきた。
(なんちゃって城?)

高島城

と思いきや、1601年初代藩主諏訪頼水から270年間諏訪家の居城とされた歴史ある城である。
場内にある公園では、地元の子供たちが賑やかに遊んでいる。
少年時代であった頃のお寺や神社の境内で遊んだ風景が蘇る。
時間が止まる、一瞬だけ少年時代に戻る…
     (なんだか懐かしい…)

ふと、我に返る…
ここに留まっているわけには行かない。

渋滞に巻き込まれないうちに家に着きたい。
昼食を終え、一人反省会。
決めごとは好きではないとは言え、諏訪の良いところを事前にもっと見つけられたのではと反省。
次回は、のんびりとこの地の風景と美味しいものを堪能してみたい…


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!