見出し画像

秋の諏訪vol.1

林聰

帰省していた福井からのもどり、一度は間近で見たいと思っていた諏訪湖を訪ねて見た。

中央高速道路の諏訪SAから手に取るように見える諏訪湖。
急ぐ帰路ではないので、諏訪ICを降り車を走らせる。
諏訪と言えば「諏訪大社」
諏訪大社の「御柱祭」と言う祭が有名である。
私の知識としては、御柱に人が股がって、山から滑り落ちる姿だけの映像しかない。

ところで「諏訪大社」は4つあるのをご存じだろうか?
諏訪大社上社本宮
諏訪大社上社前宮
諏訪大社下社秋宮
諏訪大社下社春宮
失礼な話だか、4つもあるなんて…
現地に行かないと分からないものである。
ネットで調べろ!
と言われそうだか、予定を決めない旅が好きだ。
そんなこんなで、ふら~とお参りをしてきた。
(いや、お参りをさせていただいた。)

最初に訪れた上社本宮の参道
上社本宮拝殿
長野と言えば蕎麦
普段は食べない心太も追加

お参りの後、参道にある食堂で遅めの昼食をとる。
つめたい山菜そばと天ぷらそばのどっちにしようか迷ったが、山菜そばを注文。
美味しかったのだが、後で天ぷらそばにすべきだったと後悔。
大抵は即決すると後悔である。
吟味しすぎてもまた失敗する。
私の人生はこんなもんである。

まあ、山菜そばも美味しかったので良しとする。
後には引きずらない。

次の行先は上社前宮である。
車を走らせ10分程度で到着。

上社前宮の鳥居
上社前宮本殿
諏訪大社4宮で唯一本殿を持つ
上社前宮から眺める茅野市
御柱が神々しく見える

上社本宮と違って観光地らしさがない。
参拝者が少なくもの静かである。
神々が静かに鎮座されているように感じる場所である。
なんだかこちらの方が願い事を叶えてくれそうである、と神様を優劣してしまった自分にバチが当たらないことを願う。

さて、ここから次の下社秋宮と下社春宮までは車で30分くらいの距離だろうか…
時間はあるが明日朝にしよう。

ホテルにチェックインして、夜の放浪の準備をしなくては…

と、言うことで諏訪湖半にあるホテルに車を走らせる。
やはり水辺の有るところは気持ちが良いものである。
標高が高いこともあるが、風が涼しい。
秋の気配を感じる。

車を止め、たそがれる…
そろそろいい時間である。
ホテルにチェックインし、どこで飲もうか…
ホテルの人に聞く。
地図を広げて
ホテルの人「この近くだと、あまり無くて…」
俺「…….」
ホテルの人「駅の近くだとたくさん有るんですけどね…ここから徒歩20分くらい…」
俺「えっ?近所に飲み屋がない?」
(車で飲みに行くわけには…)

些細なバチが当たったのか…

ホテルの人「あと、鰻やさんが少し歩くとありますが…」
俺 (おお、いいんじゃないかい!)
救いの神有り。


スマホを片手に鰻やを目指した。
小さな店で飾り気の無い鰻やだが、静かな落ち着いた店であった。
歩き疲れた自分は、速攻で生ビールを注文する。
一気に飲み干したあとは、肝焼きと枝豆を肴に日本酒をチビチビ味わった。
濃いめのタレで焼き上げた肝焼きは、日本酒が進む。
〆は鰻重。
よくよく考えたら今年初めての鰻重かも…
鰻でハズレたことはない。
このお店の鰻重も旨い!
残念だがまた写真を撮り忘れてしまった。
気づいた頃には食べ終えていた。

うなぎ ねばし

今日はちょっと早めのお開きである。なんせホテルまで少し距離があるのだ。
2次回はホテルの部屋で…


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!