新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 や 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

オランダ🇳🇱旅行記 ①導入編


先日、オランダへ一人旅をしてきました🇳🇱

半年ほど前から計画していた今回のオランダ旅。
でも出発が近づくにつれてコロナウイルスの勢い止まらず、直前までキャンセルしようかどうか悩みましたが、行くことを決意。

今回は導入編!

そもそもなぜオランダに行こうと思ったのか?ですが、ヨーロッパ自体あまり行ったことのない私。
昨年6月にウィーン・プラハに一人旅してきたことで、初めてのヨーロッパの街並みに感動し、もっと色んな国に行ってみたい!と旅行熱に火がついたことがきっかけでした。

とはいえ、しがない普通の会社員のため、使える時間もお金も限られているので、行き先を選ぶにあたって、

1. フライト時間があまりかからないこと
 (直行便があればベスト)
2. 観光地を周るための移動手段が充実していること

この2つをクリアしてることが最低条件でした。

今回、オランダを選んでよかったなーと思ったのは、

1. 日本から直行便が出ているため、トランジットの必要がなかったこと。

私は今回、オランダ航空を往復で利用しました。

・往路 KL868便(KIX-AMS)
・復路 KL867便(AMS-KIX)
(成田からも直行便があるようですね。)

約11時間のフライトで、映画見たり機内食食べたり寝たりしてたらあっという間!
ちなみに映画はパラサイト観ました!英語の字幕しかなくて字幕読むのに必死だったけど(笑)最後の最後まで怒涛の展開で全く飽きなかった!

オランダ航空はオンラインでチェックインができて、搭乗日の前日にメールで案内が届きます。座席指定も自分でオンライン上でできるので、2時間前に空港に着いとかなきゃ!みたいな焦りがありませんでした。
(とはいえ当日何があるか分からないので、早めに空港に行った方が安心かとは思います。)

2. アムステルダム市内は地下鉄・トラム・バスが充実していて、地方都市へも電車が出ているので、アクセスしやすかったこと。

アムステルダム市内は、GVB(アムステルダム市営交通会社)が運営している地下鉄・トラム・バスの利用が便利!
この3つを駆使すれば、どこにでも行けます。
乗車券にも色んなパターンがあるので、目的に合わせて購入できます。
・1時間チケット
・24時間チケット
・48時間チケット
・72時間チケット
 etc...

※電車(NS)は、運営している会社が別になるので、上記の乗車券は使えません。

またオランダは地方都市もとても魅力的!
今回ユトレヒト、デン・ハーグに足を伸ばしたんですが、アムステルダムから電車が出ており(どちらも片道30-50分ほど)、アクセスしやすかったです。

電車の乗車券は、オランダの国鉄(日本でいうJR)のサイトからオンラインでチケットを買えます。

https://www.ns.nl/en

駅の窓口でも買えるんですが、オンラインチケットだと切符代がかからないので、1ユーロお得に買えるんですね。
たかが1ユーロですが、何区間か往復するとちりつもで結構節約できます。
オンラインチケットの場合はQRコードで発券されるので、乗るときと降りるときに改札でピッとすればOKです!

また空港からアムステルダム中心部へのアクセスが非常に良いことも、魅力に感じた一つでした。
上記の電車を利用すると、片道わずか15分ほどで到着します。
帰りのフライトの前も、割と直前まで市内観光を楽しめると思いますが、私は空港に早めに行ってお買い物してました。
スキポール空港はそこらのショッピングセンターよりもかなり充実してるので、早めについても十分楽しめますよ!


私は空港のショップで目があったミッフィーちゃんのぬいぐるみをお買い上げしました。まさかこの年齢で自分用のぬいぐるみを買うとは(笑)

オランダは本当に魅力的な国でした。
次回、その魅力についてもう少し詳しく書いていけたらなと思います!

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました✨

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!嬉しいです♫
3
食べることと旅行が大好きな会社員。自分への備忘録も兼ねて、ゆるく更新していきます。  ✈ 🇨🇦🇺🇸🇦🇺🇳🇿🇬🇺🇰🇷🇹🇼🇨🇷🇸🇬🇹🇷🇦🇹🇨🇿🇳🇱