りんのすけ@毎日更新800日突破/毎朝7時投稿🕖

【社会人の自己分析note】悩み、喜び、学びを素直に発信。 1〜2分で読める記事ばかりですので、ぜひお立ち寄りください    /新卒月間売上レコード更新/ベンチプレス100kg/Notion勉強中/

りんのすけ@毎日更新800日突破/毎朝7時投稿🕖

【社会人の自己分析note】悩み、喜び、学びを素直に発信。 1〜2分で読める記事ばかりですので、ぜひお立ち寄りください    /新卒月間売上レコード更新/ベンチプレス100kg/Notion勉強中/

マガジン

最近の記事

固定された記事

noteを一年間、毎日書き続けた「中村凜之介」という人間について

一年前。 13年間本気で情熱を注いだ野球を引退し、新たな挑戦として毎日note更新がスタートしました。 この記事を投稿することで「1年間毎日更新」を達成することができます。 ひとまずは「365日」を一つの目標にして、取り組んできました。 今日は、大きな目標の達成を目前に、改めてこれまでの人生を振り返り、自分が目指す方向性を整理するきっかけにしようと思います。 丁度、「自己紹介記事」というものを作っていなかったので、この記事を一年遅れの自己紹介記事として、投稿させてい

スキ
554
    • 激アツサッカー漫画『アオアシ』の魅力

      最近どハマりしてしまっているマンガ(アニメ)があります。 それが『アオアシ』です。 競合ユースチーム(高校生のサッカークラブ)で奮闘する主人公、「青井葦人(あおいあしと)の成長物語となっています。 アニメで追いかけているので東京武蔵野戦の直前までしか知りませんが、もう本当に激アツだったので、その魅力をお伝えすべくnoteを書きました。 上京物語主人公の青井は愛媛県出身。 たまたま中学校の最後の試合を見にきたユースの監督に、才能を見出され、ユースチームの門を叩くことになりま

      スキ
      3
      • 話のネタが尽きない人の行動原則

        話のネタが無限に湧いてくるような人がいます。 羨ましいなと思いつつも、「話のネタがたくさんあるのは、これまでたくさんのことに挑戦し、経験してきたからだろうな」と敬意を表しています。 僕の身近にも、そんな人がいました。 話のネタを無限に持っているような人が、、 その人の話を聞く中で、「この考え方すごくいい、、、!」と感じたものがあったのでnoteに書いていきます。 捉え方の違い往々にして、話のネタが生まれる瞬間は、「予想してなかった何か」が起きたときである事が多いです。

        スキ
        13
        • さよならスマホ

          スマホに関する恐ろしい話を耳にしました。 それは、「スマホは人間がのめり込んでしまうように設計されている」という話です。 世界の優秀な科学者が、どうやったら人間をスマホに夢中にさせる事ができるか?を考え、編み出した結晶が今僕たちの手元にあるスマートフォンなのです。 夢中な時間はあっという間に過ぎ去ります。 スマホでSNSを眺めていたら、あっという間に1時間経っていた。 そんな事がザラにあります。 そして大抵は、その1時間の使い方に後悔してしまう事がほとんど。 スマホに

          スキ
          13

        マガジン

        すべて見る

        記事

        すべて見る
          • 初めての結婚式

            先日、初めて結婚式に参加しました。 会社の先輩の結婚式だったのですが、会場、プログラム、参加した人たち、どれをとっても素晴らしい結婚式だったように思います。 とても感動的な結婚式でした。 この感動が冷めないうちに、しっかりと記録に残しておこうと思います。 特別な空間結婚式会場というのは、僕の想像を遥かに上回るほど、特別な空間でした。 清潔感があるのは、もちろんのこと、どこを切り取っても華やかで絵になるような空間が作られていました。 スタッフの方々も、終始テキパキしてお

            スキ
            26
            • 嫌なことがあったとき

              寝て起きたら大体嫌なことは忘れているタイプの人間ですが、今回は、朝起きてもモヤモヤが残っていました。 皆さんは、嫌なことがあったとき、どのように対処していますか? 頭から抜けないモヤモヤを整理するために、今日は記事を書きたいと思います。 何にモヤモヤしているのか具体的には、書きませんが、とにかくモヤモヤしています。 どう解決するのかイライラの対処が上手な人は、行動と人格を切り分けて考える事ができるという話を聞いた事があります。 ある人が、イライラする行動をしていたとし

              スキ
              10
              • 友人と定期的に開催している「報告会」について

                大学生の時に行っていたインターンシップで出会った友人と、3ヶ月に一回程度、「報告会」を開催しています。 一人は、福岡で働く社会人。もう一人は休学中の大学生。 二人とも尊敬する友人です。 できない事は、できるようになるまでコツコツと研鑽していく人たちなので、 3ヶ月も間があれば、前回とは違った学びや気づきを獲得しています。 毎回の報告会が、とても新鮮です。 僕も一つ大きな報告をしました。 みんなとても面白い方向性を目指しているので、いつか交わり合う時が来るといいなと感じ

                スキ
                9
                • ショートスリーパーへの挑戦

                  徹夜。オール。 僕はそんな言葉が大嫌いです。 睡眠は何にも変えがたい大事な時間。 肉体的にも精神的にも「睡眠時間」があるからこそ、日中の活動が正常に行えると信じていました。 しかし、どうやら世の中には短い睡眠時間でも活動に支障をきたす事がない「ショートスリーパー」と呼ばれる人がいるようです。 「ショートスリーパー」の睡眠時間は、1日3時間程度。 僕が平均7時間ほど寝ているのに対して、4時間も使える時間が多いのは、なんだかズルいです。 というわけでショートスリーパーの才

                  スキ
                  24
                  • 陰口は本当に悪なのか

                    僕は陰口が嫌いです。 陰口を言う人を見ると、それだけでその人のことが信用できなくなります。 だから、陰口を言う人とは距離を置くようにしていました。 なんだか自分までマイナスな気分になる気がしてならなかったから。 しかし、最近少しずつ「陰口=悪」という、これまでの考え方に変化が出ています。 陰口も全部が全部悪いわけじゃないんじゃないか。 そう思うようになってきました。 陰口=〇〇陰口って「本音」なんじゃないかと僕は思います。 心の底では思っているけど、その人の目の前で

                    スキ
                    14
                    • 落ち込んだ時にオススメしたい『高橋優』の曲たち

                      7月は苦戦の一ヶ月だったという記事を先日書きました。 苦しい時は、歌の力を借りると元気が出ます。 苦戦の一ヶ月だったので、僕は普段あまり聴かないアーティストの歌を聴くことにしました。 苦しい時に底力を与えてくれるようなアーティストはいないか、、 そんな時に白羽の矢が立ったのが「高橋優」です。 ■高橋優との出会い確か友達の勧めでこの曲を聴いたことがきっかけだったと思います。 それまでは一度も聴いたことがないアーティストでしたが、歌詞がとても良くて印象に残りました。

                      スキ
                      12
                      • 7月を振り返って

                        7月が終わりました。 今月は、仕事の成果だけで振り返ると史上最悪の一ヶ月だったと思っています。 あまりにもモヤモヤが残りすぎて4時に起きてしまいました。 きっと「このままじゃダメだ」という危機意識が心の奥にあるんじゃないかと感じます。 プライベートで、とてもいいことはあったのですが、昨日が最終営業日だったと言うこともあり、仕事の振り返りメインでいきたいと思います。 過去最も結果が出なかった一ヶ月さて、今月は、これまでの月別実績の中で、最も低い目標達成率でした。 惨敗です

                        スキ
                        14
                        • 話のネタに困らないための必殺技

                          会話が盛り上がらず、「し〜ん、、、」となってしまうと、とても気まずい。 僕は、決して話を盛り上げるのが得意なタイプではないので、そんな空気を感じると誰かにSOSを出したくなる。 その場に、盛り上げ役を買って出る人がいれば問題ないが、いつも盛り上げ役をしてくれる人がいるとは限らない。 そんなとき、自分と周りの人たちの身を守るために、僕が身につけているお守りがある。 それが、この「すべらない話」一覧。 この一覧。 場が盛り上がらないときに役立つばかりではなく、盛り上がりす

                          スキ
                          18
                          • 経験談が価値になる人間に

                            最近、人のnoteを読む機会が増えた。 文字数制限がなく、シンプルに書き上げることができるnoteには、書き手の考えがストレートに表れているものが多いと感じる。 だから、尊敬する人がnoteを書き始めると、僕はとても嬉しい。 間違いなく、自分が得をしている。 僕のわがままでしかないけど、尊敬する人には全員noteを書いてほしい。 できれば週3くらいで。 僕のnoteをこんなに求めてくれている人はいるのだろうか? ふと、そんな疑問が浮かんだ。 それは、読んでいただいてる

                            スキ
                            15
                            • 山登り必須アプリ

                              会社に山登りが大好きな先輩がいる。 先日、その先輩のオススメもあって、日本百名山の一角である「雪取山」に登ってきた。 先輩がオススメしてくれたのは、山だけではない。 実は、山登りをするときに入れておいた方が良い「アプリ」もオススメしてもらっていた。 「もっと早く知りたかった、、、!」 と思うアプリだったので、今日はnoteでそのアプリを紹介していきたい。 登山シーズンの一助になれば、幸いです。 YAMAPオススメしてもらったのは「YAMAP(ヤマップ)」というアプリ。

                              スキ
                              13
                              • 通勤時間の使い方

                                通勤時間が占める時間は、意外と長い。 僕は、ドアドア60分くらいの場所に住んでいるので、毎日2時間くらいは通勤に時間を使っていることになる。 在宅勤務が週2で入るため、週3出社、1ヶ月で約15回、一年に換算すると180回出社していて、360時間くらいは通勤時間になっている計算。 そう考えると、やはり通勤時間の過ごし方はとても大事。 Voicyを聴いたり、記事を読んだりすることも多いけれど、最近いいなと思った時間の使い方があったので、noteに書いてみることにした。 「

                                スキ
                                14
                                • 答えがないからいいんじゃない?

                                  先日紹介した『Voicy』という音声メディア。 僕は特に『グロービス』のチャンネルを頻繁に聴いているけど、少しモヤモヤしたことがあった。 それが「答え」を教えてくれないということ。 オススメの本の紹介や、仕事に役立つイロハを教えてくれる企画があるけれど、時間の関係上「もう少し知りたい、、」と思うくらいの深さでしか話してもらえない。 もっと知りたいのに、なぜ教えてくれないんだろう、、 もちろん時間の兼ね合いもあると思うし、無料の放送で全てのノウハウを後悔するのも惜しい部分

                                  スキ
                                  19