見出し画像

“私たちらしい”言葉を探して。6curryのコンセプトを落とした単語集(チラ見せ)

こんにちは!
インターンのJINです!
今日は6curryでつかっている「言葉」を紹介したいと思います!
6curryは、飲食店の業態を持った会員制のコミュニティ。飲食店さんのような言葉遣いに違和感を覚える時もあり、日々気になる単語を自分たちらしくなるようにアップデートしていっています。
今年の2月から始まったこの取り組み。まだまだアップデートをしている最中なのですが、その一部を少しご紹介します!

メンバー(🙅‍♂️会員さん)

スクリーンショット 2020-04-04 10.26.38

「お客さん」、「会員さん」という呼び名は、作り手と受け手が分断された背景を含んでしまう印象があり、小さな違和感がありました。6curryはコミュニティであって、誰もが作り手になれる可能性があるからこそ、お客さん、会員という言葉は使いません。一緒に6curryを作っていく、一緒に6curryで過ごす、一緒に6curryで自分を探求していくからこそ、皆をフラットに6curryの「メンバー」という言葉を使っていくことにしました!

スクリーンショット 2020-04-04 10.27.13

6curry BRAND LABでのレトルトカレー撮影会の様子


キッチン(🙅‍♀️店舗)

スクリーンショット 2020-04-04 10.27.46

6curryは、店舗ではなく「メンバー限定にオープンにしたキッチン」を開いています。恵比寿店でなく恵比寿キッチン、渋谷店でなく渋谷キッチン。誰もがエプロンを着て、作り手として参加できるキッチンなんです。お皿洗いを率先してやってくれるメンバーや、初めて来るメンバーに丁寧に楽しみ方を教えてくれる、1日店長として企画側にまわってくれるメンバーもいるんですよ。頼もしい。

MIX STAFF(🙅‍♂️アルバイト・スタッフ)

スクリーンショット 2020-04-04 10.28.19

6curryではスタッフのことをMIX STAFF、と呼んでいます。アルバイトという呼び名は雇用形態でしかないし、なんとなく…愛がない…。6curryで働くメンバーは、ホール作業やお皿洗い等の飲食オペレーションだけをやるスタッフでもない。中には、独自のメンバー同士をつなげる工夫を持っているMIXスキルの持ち主もいて、6curryはMIX STAFFがいなければ成り立たない。もはやFAMILYです。

MIX投資額・MIX投資単価(🙅‍♀️売上・客単価)

スクリーンショット 2020-04-04 10.28.52

「『売上』とか『単価』とかって、なんか違うよね〜」とブランドプロデューサー・もりゆかさん。私たちは、お金を稼ぐために6curryKITCHENを開いているのではありません。もちろん、経済的に自立する必要はありますが、売上は手段の一つであって、目的はMIX。6curryというコミュニティに、新しい出会いや誰もが主人公になれる企画、好きなことを披露できる場を取り入れ続けるための資本。

それが「MIX投資額」であり、「MIX投資単価」です。

プロダクト(🙅‍♂️グッズ)

スクリーンショット 2020-04-04 10.29.21

最近、6curryがデザインしたレトルトカレーやレベッカブティックのコラボワンピースは、MIXのコンセプトを反映した「プロダクト」です。単純な販売品としてのグッズではなく、それ単体で6curryの世界観を反映できるようにしたい、モノだけでも完成されていて、魅力あふれる製品にしたい、というブランドデザイナーYOPPYさんの想いです。

こんばんは・こんにちは(🙅‍♀️いらしゃいませ)
おやすみなさい・またね・いってらっしゃい・気をつけて(🙅‍♂️ありがとうございました)

スクリーンショット 2020-04-04 10.29.48

カレープロデューサーの一平さんや、コミュニティクリエイターあやさんの口から「いらっしゃいませ」を一度も聞いたことがありません。キッチンから生活まで、メンバー同士の関係は浸透していく。「いらっしゃいませ」も「ありがとうございました」も変なのは、「またすぐ会おうね」というコミュニティ性が抜け落ちている点です。私たちは、キッチンでもSNSでも繋がっているからこそ、ごく普通の挨拶「こんばんは、こんにちは」、「おやすみなさい、またね、いってらっしゃい、気をつけて」を使っています。


私たちのビジョン

今、ボードメンバーやMIX STAFFが中心となって気を遣っている言葉たち。オープンした当初から気をつけていたわけではありません。

6curryの新しいビジョンは、

「 みんなでみんなが主人公になれる場をつくる 」

これを達成するためには、堅実にメンバーと向き合いながら、日々やらねばならないことを取捨選択していく必要があります。カレーの開発からMIXの可能性まで、目の前のキッチン風景と照らし合わせながら、ゆっくりメンバーの皆と進んできました。

スクリーンショット 2020-04-04 10.30.36

カレー仕込んだっけ。発注忘れてない?チラシ作らないと!あれ、改善しよう〜!と毎日のキッチンでも気づきや反省がたくさん。全部のことを一気にやろうとすると、いつのまにか足元にいっぱいになってしまい、目指す世界観を見失ってしまう可能性も。

まだまだこれからの6curryとして、だれもが作り手となって参加できるキッチンであり続け、みんなでみんなが主人公になれる場を作っていきたい。
そんな想いを忘れないために、私たちは日常の言葉を気をつけていきたいと思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
またスキをもらえるように頑張ります💕
44
カレーをきっかけに集まり、EXPERIENCE THE MIX.を合言葉に、人が出会い・会話し、自分のやりたいことや好きなことを見つけていくサードコミュニティ。 noteは私たちの新しい実験的な活動の報告の場。日々レポートしていきます。

こちらでもピックアップされています

#お店 記事まとめ
#お店 記事まとめ
  • 1447本

思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。