小説 遺産相続

4

遺産相続 4

☞1 母という人間がひとり、世界からいなくなっても暦は静かに、そして確実に流れる。 年は…

遺産相続3

☞1 陽介君がアルバイトを終えて帰って来たのは朝、私達に告げていた予定より少し早い、夕方…

遺産相続 1

☞1 『月子さん』という人に私は母の葬儀の日に初めて会った。 と言っても、先方は私の事を…

遺産相続2

☞1 その大きなバックパックと発泡スチロールの容器を抱えた人は名前を陽介君と言い、23歳で…