ジャガー・ランドローバー、自動運転都市を建設へ…コネクテッド技術をテスト

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover、JLR)は自動運転車両が歩行者など他の道路利用者との間でコネクテッド技術をテストすることが可能なテストベッド「フューチャー・モビリティ・キャンパス・アイルランド(FMCI)」をアイルランドに建設すると発表しました。トヨタがロボット・AI・自動運転・MaaS・パーソナルモビリティ・スマートホームといった先端技術を人々のリアルな生活環境の中に導入・検証出来る実験都市「ウーブン・シティ」を建設するのとは異なり、JLRは あくまでもコネクテッド技術や自動運転技術にフォーカスすると見られます。
URL: https://response.jp/article/2020/11/22/340555.html

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
株式会社イード 5G/MaaSビジネス開発部がCASE・MaaSやスマートシティに関する注目ニュースをお届けします。