見出し画像

トークンハウスは消費されないコンテンツだ。

トークンハウスマガジン47日目。今日はゴーゴーケンゴが書きます。

昨日はダイスケ君が「「余白」に多くの価値が集まる構造」と題して書いてくれました。

弱さ露出力は大事なポイントなんですが、これはあくまで「光と影」の関係性だと思っていて、光があることを忘れてはいけないなと。

強烈な光を放つからこそ、濃い影が生まれるわけなので。

一人一人が持つ、強烈な光で照らしあってこそのピースな世界だなぁと。


では、本題に入っていきます。


最近、コンテンツ論について考える機会がありました。

そこで、面白い発見があったので書いていきます。


皆さんは「レンタルなんもしない人」さんを、ご存知ですか?

その名の通り「人」をレンタル出来るんですね。

ただし、レンタルしても「なにもしない」んです。

面白い取り組みですよね。

この方、なんとこのサービスを始めてから3ヶ月でフォロワー3万人を超えたんです。

と、いうわけでトークンハウスに呼んでみました。

「海外にレンタルする」というのは、まだ誰もやってなかったので、好奇心でレンタル予約しました。

それが、キッカケで「レンタルなんもしない人さんの魅力はなんだろう?」というのを考えたんですね。

その結果、現代のコンテンツ論に至ったわけです。


消費されるコンテンツとは?

コンテンツは「鮮度が重要」です。

なぜなら、人はすぐに飽きるから。

ほとんどのコンテンツが消費されて、飽きられて、淘汰されていきます。

「一発屋」という表現とは少し違う。

「旬」というのが、どんなコンテンツにも存在します。


ここからは、仮説なんですが「消費されるコンテンツ」とは「自ら、価値を発信するコンテンツ」だと気づきました。

世の中にインパクトを与えるコンテンツは、いわば「160kmの豪速球」なんですね。

しかし、いくら凄くても、そればかりだとユーザーの目も慣れてくるわけです。

それが「飽き」の正体です。

では、一体どうすれば良いのでしょう?


消費されないコンテンツとは?

これの一つの形が「レンタルなんもしない人」です。

このコンテンツのポイントは「本人は、なんの価値も提供しない」というところにあります。

つまり、本人が価値を提供してないので、消費されようが無いんですね。

これは「大喜利」の仕組みと似てます。

ユーザーは「なんもしない人をレンタルして、なにをするか?」というお題に参加してるわけなんですよね。

ここでのポイントは「ユーザーがレンタルなんもしない人さんを活用して、価値を発信してる」という点です。

つまり、本来なら消費者であるユーザーが生産者になってるんですね。

これが、消費されないコンテンツの本質です。



トークンハウスは消費されないコンテンツだ。

以前、noteでトークンハウスの価値について書きました。

トークンハウスの価値とは「そこに集まる人」です。

トークンハウスを”ただの居住空間”として見ると「安く生活できるシェアハウス」かも知れません。

しかし、”面白い人が集まる場”として見ると、また違う価値がついて来ますよね。


「類は友を呼ぶ」とは良く言ったもので、面白い人が集まれば、さらに面白い人が集まってきます。

僕らはトークンハウスという名の「面白い人が集まる場」を作ったんです。


面白い人が集まる。

その人に会いたい!と、面白い人が集まる。

その繰り返し。


僕らもそうですが、ずっとカンボジアのトークンハウスに住むつもりはありません。

し、多くの住人は数ヶ月で流動していきます。

だから、飽きないんですよね。

「テラスハウス」と同じです。

場所は変わらずとも、人が変わると物語がガラッと変わる。

トークンハウスも、これからの多くのドラマが生まれることでしょう。




p.s

レンタルさんは、来れなくなりました〜。残念!
また今度のお楽しみですね。




「素敵やん」って1秒でも思ったら、「スキ」を押してください。
シンプルに「書いてよかったー!」ってなります(笑)

-----

このマガジンでは海外シェアハウスの作り方inプノンペンと題して、実際にシェアハウスを作るまでの過程を発信していきます。

実際にどんな感じで作っていってるのか?
日々どんなことを感じてるのか?

そんなことを発信していけたらなと思ってます。

ちなみに、このマガジンの編集者はゴーゴーケンゴ植木大介で書いていく予定でして、Twitterでもカンボジア情報を発信してるので、是非フォローして頂ければ嬉しいです。


トークンハウスに関するご相談はダイスケ君のDMに!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

良かったらTwitterでシェアしてもらえると嬉しいです! エゴサかけてるので、引用RTさせてもらいます^^

【末吉】末吉の語源は「末広がりに良いことが起きる」だそうです!(適当)
13
僕のブログ( https://55kengo.com/ )がSEOの実験室となってしまったので、このnoteではSEOを意識せずに自分のコトバだけで書く日記のような記事を残していきたいなと思います。小学生の頃から書いてる日記の延長線上だと思って紡いでいきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。