見出し画像

2021年クラッククライミングコース(募集)

クラッククライミングというのは、(Crack)岩のひび割れた隙間を使って登るクライミングのことを指します。

トラディショナルクライミング(略してトラッドという事が多い)という呼び名のほうが馴染みがある人もいます。アメリカなどでは「トラッド」というとクラックを指すことが多く「ボルトに頼らない伝統的な手段で登る」というメッセージが込められています。


画像1


一般的にクラッククライミングでは、スポーツクライミングのようにボルトを予め岩に打つということはしません。登りながら自分でカムやナッツといったプロテクションをセットしていきます。


画像2


プロテクションのセットを自分で行う以外にも、難しいことがあります。それはクラッククライミング特有の技術、ジャミング、と呼ばれるものです。ジャムというのは、詰まる、とか、挟まる、といった意味です。

クラックは自分の手足を岩の隙間に挟んでそれらを支持としながら登っていきます。「持つ」という概念ではないので、最初は少し難しいかもしれません。しかし、その難しさがクラッククライミングの醍醐味でもあります。


画像3


この講習では5日間にわたって、クラックのサイズや形状によって変化するプロテクションのセット、ジャミングを学んでいきます。


1日目・3月6日(土)

○集合場所:佐久平ロッククライミングセンター ○集合時間:午前10時 ○開催場所:佐久平ロッククライミングセンター ○講習内容:プロテクションのセット、ハンドクラック、フィンガークラックの練習 ○解散:4時


2日目・3月7日(日)

○集合場所:道の駅「ヘルシーテラス佐久南」 ○集合時間:午前9時 ○開催場所:非公開岩場 ○講習内容:プロテクションのセット練習、ハンド~オフィズスの練習 ○解散:4時


3日目・3月14日(日)

○集合場所:道の駅「ヘルシーテラス佐久南」 ○集合時間:午前9時 ○開催場所:非公開岩場 ○講習内容:リードクライミングの練習 ○解散:4時


4日目・3月27日(土)

○集合場所:佐久平ロッククライミングセンター ○集合時間:午前9時 ○開催場所:非公開岩場 ○講習内容:フィンガークラック、ワイドクラックの練習 ○解散:4時


5日目・3月28日(日)

○集合場所:佐久平ロッククライミングセンター ○集合時間:午前9時 ○開催場所:非公開岩場 ○講習内容:リードクライミングの練習 ○解散:4時


++++++++++++++++++

クラッククライミング講習
講習のタイプ【コース】

料金:1人70,000円(定員1名~4名)

個人装備:ハーネス 、ヘルメット 、安全環付きカラビナ3枚、ビレイ器具 、グローブ、雨具、防寒着、食料、水0.5リットル~1リットル、必要なものが入るバックパック、※クラッククライミング用ギアをお持ちの方は当日持参してください、

申し込みはこちら

++++++++++++++++++

佐久平ロッククライミングセンター

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
長野県佐久市にある創業19年(2010年までアートウォール佐久)ロッククライミング総合施設です。マルチピッチクライミングをはじめとしたロープを使ったクライミング講習、セルフレスキュー講習、岩登りに関する講習全般を行なっています。

こちらでもピックアップされています

クライミング講習メニュー
クライミング講習メニュー
  • 13本

クライミング講習のご案内です。目的に合った講習をお選びください!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。