見出し画像

お客様を時間単価でみるほど不便な頭は持ち合わせてない。

生産性は価値を語ることで走り始める。

【時間単価】を上げる為に何ができるか?
そのような発言が巷には溢れています。

【自分の価値】や【プロダクトやサービスの価値】を生産性や時間単価で表す事は多いです。

もちろん必要な思考であり、考え方だと思います。
では、消費者側の見方はどうでしょうか?

消費する側の人間は単価が高ければ高いほど慎重にそのモノの価値を探し、自分の欲求が満たされるかを考えます。

価値が伝わらなければ単価は絶対に上がらない。

お客様に何を手にして頂くのか?
【安心】【解決】【希望】【改善】【快楽】

お客様が何も手にしないサービスやプロダクトを作ったところで、リピートは無いと思います。

『一万円もらって当たり前?』
いいえ、その一万円はお客様が時間や労力を使い得た『価値』そのものです。

その価値に見合う『価値』を渡してあげる事が大切な事だと感じております。

ここではっきりと申し上げたいのは
『時間で単価を決めない』で『価値で単価を決める』です。

「1000円カットは1時間に6人で6千円になる。」よく聞く話ですよね。

10分1000円を6人の方にお支払い頂く。
1人に与えられる『価値』を言語として表して下さい。とありましたら、【安い】【早い】
が頭に浮かびます。
10分で提供できる価値です。

では、60分一万円のカット料金のサロンの価値は?
【デザイン】【ネームバリュー】【空間】
【おもてなし】【外見向上】【特別感】
【コンプレックスの改善】【新しい自分】
【満足】
あげたらキリがないほどです。

あえて、何分いくら?で書きましたがリラクゼーションでもないかぎり『お客様は時間の枠を買いに来たわけではないです。』

【価値】を買いにきてます。

原価〜円でこのくらい時間がかかるから、施術料金は〜円にしよう。なんて考えた事ありませんか?
それだけで単価を決めるとクレームになったり離れるお客様もいます。

決めた金額に改めて、言語化された『価値』がどのくらいあるのかを考えてみて下さい。

単価を上げる為には時間ではなく【お渡しできる価値を詰め込んだモノ】にする事だと思います。

あなたのヘアカットが60分1万円だとしたら『お渡しできる価値は何ですか?』

今日もご覧頂き、心より感謝申し上げます。

#ヘアカット
#生産性
#美容師
#単価
#価格
#価値

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
二児の父/美容師/フォロバ100%/七つの習慣推し 書き溜めていく内容は、美容系のものより 知識や感情のアウトプットのほうが多めになります。 どうぞ、お付き合い下さいませ