1月17日 電車の中で書いた文

冬の夜6時、電車が止まった。

アナウンスを聞くためにイヤホンを外し、周りの様子を伺う。遅延が発生しています、と言っている。

金属の部品が軋む音や線路を車輪が走る音、いつもは聞こえる音が全くしない。

隣の人の呼吸のリズムが聞こえる。遠慮がちに鼻をすする人がいる。コートが擦れる音、生地が厚いことがわかる。小さな咳払い。髪の先がジャケットを滑る音。靴底が床に当たる音。遅延の連絡をしているのだろう、液晶を指が叩く音。

誰も何も言わず、張り詰めた空気だけ満ちている。夢の中みたい。私はこの空気と時間を覚えておこうと携帯にメモを取っていた。

電車がしゅう、と小さくため息をついて、またゆっくり走り出す。人間も、ホッとしてため息をついた。

細長い部屋は乗り物にもどり、静けさはどこかにいった。

#日記 #エッセイ #詩

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わ〜い!
16
ツイッター@anomonshin特にテーマは決めていませんが、考えたことを色々書きます。よろしくね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。