ピアノ調律師の書斎
ピアノに乾燥剤を入れるべき?
見出し画像

ピアノに乾燥剤を入れるべき?

ピアノ調律師の書斎

これ、調律師のあいだでもけっこう意見が分かれて、入れた方が良い派 VS 入れても意味ない派 文字通り対立することもある危険な話題です。

10年ほど前のものですが、調律師紹介サイトでのアンケート結果です。

僕は入れた方が良い派です。

「バフ」と「デバフ」と言う考え方

乾燥剤は湿気によるピアノの故障を積極的に直すものではなく、あくまで予防。しかもぐんぐんと湿気をとってくれるものでもありません。

この感じを何にたとえるとわかりやすいか...いろいろと考えて以前は「サプリメントのようなもの」とお伝えしていましたが、それよりも感覚的にはRPGのゲームなどで一時的にステータスが上がる「バフ」が近いんじゃないかと思っています。

バフとはゲームにおいて、自分の攻撃力や防衛力、体力回復力、移動速度などが上昇し、有利な状態が発生すること。その反対にデバフとは、相手に不利な状態を発生させ、相手の能力を低下させること。

e-sports業界用語集 

レベルを上げるのは大前提として(これがピアノでは除湿機を置いたりして環境を整えることにあたります)さらにダメ押しとして「戦闘中に一時的に防御力を上げるアイテムを使う」というのが乾燥剤のイメージ。

ちなみに最近やっていたエルデンリングと言うゲームでは、アイテムの茹でたカニを食べると1分間だけ防御力が上がりました。これが「バフがかかった」状態です。あくまで今の防御力を底上げするものなので、マリオのスターのように無敵になるわけではないです。

「使わなくても勝てるかもしれないけど使っておくとより安心。最初に使っておけば余計なダメージを減らせるので余裕があれば使った方が良い。でも絶対に負けないわけではないから油断は禁物」というのが乾燥剤の立ち位置に似てるんじゃないかと。

乾燥剤をオススメする理由

①ピアノは意外に気密性が高い

真冬の朝、暖房をかけて充分暖まった部屋でもピアノの中に手を入れるとキンキンに冷えている…というのは調律師はもれなく経験しています。(逆も然り)

冬の乾燥した日に自宅のピアノ部屋の窓を閉め忘れたことがありました。もちろん部屋はものすごい乾燥してしまって...ちょうどピアノの中に記録が取れる湿度計を入れていたので見てみると、部屋の湿度が急激に下がってもピアノの中は数時間は元々の湿度で保たれていました。

3時間くらいはピアノ内部は変化なし

「密閉されている」と言うほどではないけれど、乾燥剤が効く空間と言えるくらいには仕切られているのがピアノです。除湿機を使っていない場所はもちろん、除湿機を使っていても内部からの守りとして有効です。

②実体験として効果がある

乾燥剤を入れた場合と入れてない場合、他の条件が不確定すぎて単純に効果を比べるのは難しいのですが、同じピアノで事情により入れなかった年は例年より湿気の影響を受けていた経験が何度もあります。

③デメリットはお金がかかることだけ

乾燥剤を入れると当然お金がかかりますが、入れることによる演奏上やピアノの機能上のデメリット(デバフ)はありません。少しでもピアノに最善を尽くしたいという方に対して、コスパが悪いからと勝手な判断でおすすめしないのは果たして誠実と言えるのか?と考えるとやはり選択肢として提示したいです。

逆に〈バフ〉がかかるけど同時に〈デバフ〉もかかってしまう例として「ダンプチェイサー」と言う、熱で湿気をとばす装置があります。湿気をとばす効果は高いのですが、熱による音の狂いや乾燥しすぎるデメリットもあるので使いどころは限られます。(防御力は上がるけどすばやさは下がるアイテムみたいなイメージ)

どんな場所でも効果がある

どんなに環境を整えても温度や湿度がまったく変化しない場所というのは難しいので、どんな場所でも乾燥剤を入れる意味はあります。ピアノの中は温度変化しやすい金属部分も多いので、結露の心配は常にあります。

ただやはり湿度が高めの環境のほうが効果は高いので、そう言った場所では特に乾燥剤を入れるメリットは大きくなります。

たくさん入れたからと言って効果があがるわけではない

乾燥剤のメーカーさんにいろいろとお話を聞いたところ、乾燥剤の能力、ピアノ内部の容積と隙間の具合から計算すると1〜2個が適正なようです。ある程度気密性があると言っても隙間の影響はやはり無視はできないようで、それ以上入れても外部から湿気を引っ張ってくるだけになり意味がないとのことでした。

入れる派も入れない派も目的は同じ

ドラクエで言うところの「いのちだいじに」と「ガンガンいこうぜ」の違いのようにプレイスタイルの違いで、目的とするところは同じなのかなと思います。
個人的にはピアノはコストをかけてもなるべくダメージを受けないほうが長期的には良いと思うので「いのちだいじに」派です。(ゲームではガンガンいこうぜ派)

ピアノや場所次第と言うよりは使う人次第

 …と言われてもどう判断すればよいの?という話ですよね。

どのくらいのメリットがあるかと言うのをはっきり数字で表すのが難しいのですが、イメージ的には1年間ピアノの防御力が20%アップするアイテムを買うかどうかを金額と照らし合わせて考えてもらうとわかりやすいのかなと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
また見てください!
ピアノ調律師の書斎
ガジェット好きなピアノの調律師です。同じく調律師の妻と、ピアノが好きすぎて寝床にしてしまった文鳥と3人暮らし。 ピアノや調律の仕事について考えたことや工夫していることなどを書いています。