新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

美しい日本語を奏でる

朝の情報番組でインタビューを受けていた人が発していた言葉に

何とも言えない違和感を覚えた。


『試行錯誤の挙句に完成した味です』


コロナ禍で厳しい経営が続く飲食店のオーナーだったと記憶しています。

ちょっと気になって語源など色々と調べて、一番しっくりと腑に落ちた解説がありました。


「挙句」とはAよりも悪い状況のBになった場合に使われることがあるとのこと。


例えば

「約束の時間を越えてさんざん待った挙句、連絡もなく結局現れなかった」

「知人から借金を重ねた挙句、海外に逃亡して行方をくらました」


であればどのような表現が良かったのか?

試行錯誤の末に… 試行錯誤の結果… 試行錯誤の甲斐あって… 試行錯誤を繰り返し… 試行錯誤を重ね…  


他にも色々ありますし、言いたかったことも十分伝わります。


日本語は難しい、外国人が口を揃えていうのはこういうことなのでしょう。

日本人でさえも時折、間違った言葉を用いてしまいます。


語彙力を高める

最近どはまりしてる「YOASOBI」

ikuraさんの歌唱力はもちろん、作詞作曲をしているAyaseさんも天才ですね。

歌詞のほとんどが日本語、元々小説を歌にするというコンセプトですが表現力、物語の情景が頭に浮かび、時に楽しく、時に切なくなる歌詞で溢れています。


個人的には「優しい彗星」の言葉の紡ぎ方が美しく、心を奪われます。そして心を込めて歌うとはこういうこと何だと。。。二人の天才のなせる技です。


言葉を生業としている1人として、美しい日本語を奏で、難しい言葉を咀嚼して伝えられるよう、語彙力、表現力を磨いていきます。


                            HSCマスター



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
一般社団法人キャリアサポートセンター 代表理事 & 株式会社ヒューマンソリューション 代表取締役