ヨシロ

読書、映画・美術鑑賞がOfftimeの多くです。詩を、読み・書きしてきました。#詩

町工場

鑢かける音には秋の匂いがします

黙契

秋の終わり 日本海を見下ろす断崖の上 崩おれ来て波は 山に阻まれ 飛沫は谺となって 空へ散る 垂れ込めた雲間から 幾本の光が海に注ぎ 鈍色のうねりが そこかしこ...

流れ星

そのひかりはわたしに 位置を 静けさと やすらぎを与えてくれた けれどいつか わたし一人 仰ぐことに馴れて たえかねて星は流れ 頬きらめき伝う

雨風をしのぎ 屋根を 部屋を求めて さすらう旅人 どの燈の下でも しかしお前は 憩ら得はしない 此処ではない何処か余所に、と 探し続けたお前の 夢見た場所は 一...

永訣(わかれ)

私たちは離れていく 共に歩んだ二人にも 訣れのときは訪れて 相方を悲しませるが また出逢うだろう プラタナスの葉裏が光るとき 雨上がりの空気の澄むとき 子犬の目...

田園

鳥の声 蜂の羽音 牛の啼き声 河を隔てて 向こう岸から 幽かに 高い音が 運ばれてきた 見れば 丘のふもと 小さく 一軒の 農家はあって 昼どきの 後片付けか ...