見出し画像

上手な嘘のつき方は真実を混ぜて話す・・・

ブラックな上司や詐欺師に引っかからないための知識として覚えていて損はないです。

画像1

上手な嘘のつき方は時折真実を交ぜて話すことです。


会社でこんな体験はありませんか?

「世の中では年功序列は廃止されてきていて、能力主義に移行してきている。新卒にも1,000万円給料を払うところも出てきている。だから次世代を担う君たちにはスキルアップに努めてほしい。10年後の自分を考えてみて欲しい。会社としてはスキルアップに協力する用意がある。」


詐欺師は9割の真実に1割の嘘を混ぜる

数字は嘘はつかないが嘘つきは数字を使う


新人や入社したての人には通用するのでしょうが、管理職は9割中途採用で年間の昇給は1,000円未満という現実を知ってしまっている人には詐欺師にしかみえません。

実際は思いっきりゴリゴリの年功序列で、評価する側が能力低すぎてどうしようもないのが現実だったりします。

資格を推奨したりするが、手当は一切出さない・・・


給料を上げるとは一言も言っていないのはさすがです。


昇格すれば、当然、幾ばくかの収入は上がるのでしょうが、具体的な金額も基準も提示されていません。さらに実際の会社の制度を変えるとは言っていないため、大切な時間を使って、今後使えなくなりそうな資格を取得したとしても、9割やり損になること間違い無しなのです。

上司も本心から言っているのか言わされているのか分かりませんが・・・


嘘を嘘だと見抜けないのに、真実を嘘だと言う奴が増えた


こうやって文章を書いてた方が遥かにマシ!

愚痴みたいな仕上がり止む無し(笑)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
18ban

サポートして頂けると今後のモチベーションに繋がります。宜しくお願い致します。

ありがとうございます。宜しければシェアもして頂けますと嬉しいです。
プロのマーケター&投資家になるべくコツコツ活動中。目指すはサンタクロース的存在。FP3級。外務員も持ってますが登録はしてません。「希望ある人生に!」というブログを運営しています。https://kibounomiti.com/