🌞上仲 昌吾🌞|180 𝙄𝙣𝙘.
【良い会社認定 その4】世界で広がるソーシャルグッド&ベネフィットコーポレーション
見出し画像

【良い会社認定 その4】世界で広がるソーシャルグッド&ベネフィットコーポレーション

🌞上仲 昌吾🌞|180 𝙄𝙣𝙘.

前回までの記事では「Certified Benefit corporation=Bコーポレーション」 「Benefit Corporation Governance=ベネフィットコーポレーション」の違い、またそれぞれの事例を紹介してきました。

画像8

では、これほどまでに多くの審査、厳しい基準をクリアしてまでBコーポレーション、ベネフィットコーポレーションへ会社形態を変更するメリットは一体どこにあるのでしょうか。

メリット

以下は、B Labが認証するBコーポレーションのメリットです。B Labが提供する5つのリソースを、国境を超えて活用することができます。

① B Hive(コミュニティ)

世界各国のBコーポレーションリーダーと繋がれるのが最大のメリットです。自社とマッチしたリソースの発見、環境に配慮したプロダクト、サービスの検索、割引等が受けられます。

画像1

② B Corp Brand(ブランディング)

晴れて認証を受けたことを証明する「ロゴ」の使用が正式に可能となり、環境に配慮した経営を行っているというブランディングを公表できます。

画像2

③ B Local&B Corp Leadership Development(ビジネスマッチング)

1つの地域で複数のBコーポレーションが存在する場合、ローカルコミュニティを形成することができます。既に認証を受けた企業同志でのナレッジシェア、ネットワーク構築、カンファレンス(BLD)を開催することが可能です。

画像3

④ B Work(人材採用プラットフォーム)

Bコーポレーション認定を受けた企業のみが集ったプラットフォームへ参加できます。プロフィール掲載、採用広告を出すことが可能で、意識の高い人材を採用でき、ミスマッチングが減少します。

画像4

⑤ B The Change(PR・マーケティング)

パブリッシングプラットフォームMediumで展開されるオンラインマガジン「B The Change」にて、自社のストーリー掲載が行えます。

画像5

「B」が持つ大きな力

国が認めたベネフィットコーポレーションの形態も同じく、環境、社会全体を捉えた経営を行うことは、両認証ともに総じて強固なブランディング、PRに繋がります。

例)アイスクリームブランド BEN&JERRY'Sの商品写真

画像7

突発的なマーケティングには不向きかもしれませんが、年月をかけた企業ブランディング構築には大いに役立つことは間違いありません。21世紀以降に活躍する企業形態としては、日本国内においても益々需要は高まってくるだろうと予測されます。

実際にアジア諸国では、大企業からスタートアップまで活発的にBコーポレーション認定が進んでおり、もはや社会構造が変わろうとする動きも見受けられます。

BコーポレーションASIA公式ウェブサイト

画像6

ASIA各国のBコーポレーション認可国一覧(2020年7月現在)
Afghanistan, Bangladesh, China, Hong Kong, India, Indonesia, Israel, Japan, Korea, Malaysia, Myanmar, Philippines, Russia, Singapore, Taiwan, Thailand, United Arab Emirates, Vietnam

まとめ

2つの特徴と違いをまとめた表です。

画像9

社会構造は、これからどう変わっていくのかー。

戦前より続いてきたキャピタリズムは、西洋諸国を中心に大きく形態を変えようとしています。環境問題や枯渇していく資源の問題は、ことが大きすぎて個人の見解ではあまり馴染みが持てないことは事実です。

しかし、世界全体を見渡すと数多くの社会問題を抱えており、政府の力、またNPOだけでは社会課題解決は到底太刀打ちできなくなってきました。

そして2015年、国際連合が定めたSDGs17つの目標と、それら細かな指標により世界の考え方が今、確実に企業の在り方の定義を変革しようとしています。

Patagonia創業者 Yvon Chouinard(イヴォン・シュイナード)
売り上げの1%を環境保全のために使用するBコーポレーションです。画像11

生かし、生かされている地球の環境を配慮した企業活動を行うことの重要性に、私たち人類はいち早く気付かなければならないのではないでしょうか。

Bコーポレーション、ベネフィットコーポレーションが企業の社会的役割を改革していこうという試みは今後多くの賛同者を募て、世界中で広まっていくことは間違いないことだと思います。

最後に

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

引き続き世界のソーシャルグッド、ベネフィットコーポレーション、Bコーポレーションの事例についてご紹介していきますので、ご意見、ご感想などいただければ幸いです。

【著者プロフィール】
180株式会社(ワンエイティー)代表取締役 上仲 昌吾

画像11

Twitter「@ShogoUenaka」でも発信しております

参考文献・ウェブサイト

Benefit Corporation

Certified B Corporation

WIRED B-Corpという挑戦──ミッションは「利益」に優先するのか?

GLOBE + 世界標準「B Corp」を知っていますか アジアで広がる「良い会社」認証

Patagonia B Lab Annual Benefit Corporation Report

Investopedia What Is a Social Good?

アキラ's ENGLISH 16歳の活動家が国連で発した”How dare you”の意味と使い方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🌞上仲 昌吾🌞|180 𝙄𝙣𝙘.

アメリカ・カリフォルニア州・サンディエゴで4年間過ごし、あらゆる価値観に触れてきました。現在ソーシャルビジネス事業化に向け構想中です。ソーシャルグッド、サーキュラーエコノミー、ベネフィットコーポレーションを実践されている方、是非とも意見交換をさせていただければ幸いです。

🌞上仲 昌吾🌞|180 𝙄𝙣𝙘.
180°(ワンエイティー)代表 マグロ大学卒業後、単身アメリカSAN DIEGOで4年過ごす🏄‍♂️ デザインとか、Patagoniaオタクです。   #ソーシャルビジネス #デザイン #サーフィン