お金の流れを逆流させよう
見出し画像

お金の流れを逆流させよう

お金がないけど偉そうなことを言う会代表ななです。お金について意見を言うのは、成り上がり系の人が言った方が説得力があるかもしれないけど、お金がない人としても偉そうなことを言う。

お金の流れは逆でもいい。

例えば、アドバイスする側とされる側。普通はアドバイスされる側がアドバイスを求めて専門家のところを訪ねて、アドバイスをもらう。お金を払って。当たり前の形。確かに。お金を出したからにはアドバイスを聞こうってなるし、お金をもらうからにはちゃんとアドバイスをしてあげようって思うかもしれない。

だけど、逆があってもいい。

アドバイスする側が、アドバイスされる側にお金を払う。特にアドバイスされる側がお金に困っている場合、これでもいいと思う。

アドバイスされる側は、「お金をくれた人の意見くらいは聞こうか」ってなるかもしれない。「僕にお金を払ってまでアドバイスしてくれるってことは、あの人は本気で僕のことを救いたいんだ。その気持ちに向き合おう」と思うかもしれない。

アドバイスする側も、「お金を払うんだから、全力でやろう。なんとかなってほしい。」ってなるかもしれない。分からないけど。

飲食店の試作だって、「試作だから安く提供」「試作だから無料で」どころか、店側がお客さんにお金を出すのも有りかもしれない。「お金を出すので、本気の感想をください」みたいな。お客さんはお金を払っているので、感想をちゃんと書かなきゃってなるはず。


学ぶことと仕事の境目が難しい。

基本的に、「学ぶこと」にはお金を出す。「仕事」ではお金をもらう。その形が一般的だ。

でも、逆でもいいし、混同しててもいいはず。

インフルエンサー(?)のサロンとかって、面白い立ち位置だなぁと思う。お金を払いながら、学び込みで仕事を一緒に作っていく。「仕事をしているのにお金を払っている」とも言えるし、「学んでいるからお金を払っている」とも言える。

新入社員も不思議だ。研修を受けている(学んでいる)のに給料が発生する。大学では学ぶためにお金を払っていたのに、会社では学ぶことでお金をもらえる。不思議だ。

「そっちがお金出すの!?」っていう謎サービスがあったら面白い。責任の所在や権利が動く。


【お知らせ】 素人でも情報として価値のない文章で生計を立てられると証明したいです。もしよろしければ、下の「サポートする」からお賽銭をしてもらえると嬉しいです。


【関連note】強い優しさと弱い優しさ
【関連note】お金を稼げないと「ダメな人」って言われてる気分
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
紫崎七

脳みそで生きることを目指しています。強い共感を感じた時にはサポートで表現していただけると嬉しいです。

ありがとう。
むらさきななと読みます。詩・短歌・空想・心の中。人間の感情と情動を食べたい。いつまでも人と気持ちを交換したい。いまを切り取りたい。現実逃避の象徴でありたい。夢はたくさんあるけれど、空想するだけでも楽しいから叶わなくていい。趣味は占星術とタロット。ここにはもう生きてない