見出し画像

「象気功における十三仏真言の正しい唱え方」真言密教十三佛真言のチャクラ覚醒効果:象気功

真言・マントラを唱える場合は、日本では元来が仏様のことであるので、不遜なことがあってはならないということで、身を清めて、手水して口を濯ぎ、正しく立ちあるいは正座して、身を正し、心を静め精神統一の上、厳かに唱えなければならないというような、認識があるわけである。

それを象気功的にはどう捉えるのか、またマントラとしてチャクラ活性化のためにより効果のある方法は何かということを、チャクラ活性とさらに暴発による全身のチャクラ覚醒を経験した象師匠ならではの渾身の解説を公開するのである。

ここから先は

4,207字

¥ 200

最後までお読みいただきありがとうございます。象気功は私の実体験によるメソッドです。私の運命が変わったように、あなたの運命は必ず良い方向に変わります。