見出し画像

ともに、つくる、舞台(ゼロ高生流課外活動)

こんにちは!京都の底冷えに耐えるコミュニティデザイナーみもりです。

12月になると堀江さんのクリスマスキャロルの舞台がはじまります。

昨年度から、ゼロ高生もスタッフとして参加。

HIU(堀江貴文イノベーション大学校)のスタッフの方々に混ざり活躍する様子は、スタッフグループのやり取りからも垣間見えました。

「お客さんが楽しめるためには?」
「オペレーション○○に変えた方が、動きやすくないですか?」
「今日より明日はよくする。」
「サービスマンを始めたときに、指先に愛をこめて。と習いました。」

大人たちの中でも、ガンガン意見を伝えて、全員でいいものを作ろう!と熱いやり取りをしていました。

高校生だからとか関係なく、そこにはフラットな関係の中で、「一つの舞台を作る」という目的に向かって、みんなで力を合わせて取り組む舞台裏のストーリーが生まれていました。

クリスマスキャロルの絵本製作に携わり、キャラクターデザインと表紙、裏表紙のラフなどを担当し、当日会場で販売をした山口明日美さん。
寿司ブースでひたすら寿司を握り、お客様に振る舞った谷垣槙さん。
バイトもしたことないけれど、毎公演スタッフとして入り、配膳の係をし、「もうどこででも働けるような気がする!」と自信をつけた伊藤美結さん。
チケットの統括を担当し、各箇所に指示を出しながら、お客様にマッサージを提供した尼崎双葉さん。

10代という多感な時期にこのような経験を積めることが、彼、彼女たちの今後の根幹になるのだろうなと思うと、頼もしさしかありません。

そして、今回アリーナ席にゼロ高生を!とクラウドファンディングでご支援してくださった方のおかげで、贅沢な席でクリスマスキャロルを観覧した生徒たちも!!

画像2

画像1

画像3


豪華すぎる食事!!羨ましすぎるぞ!ゼロ高生♪

画像4

画像5

やりたいことは、知っていることや、体験したことの中からしか生まれません。

いろんな経験をさせていただくことで、また新たな「やりたいこと」や「アイデア」が生まれるのではないでしょうか。

最後に参加した生徒の記事をご紹介します。

【学校行かないから学べること】
堀江さん主演のミュージカル、
クリスマス・キャロル東京公演が幕を閉じました。お疲れ様でした☺️
私はスタッフとして参加しました。
1週間この刺激的な環境でお仕事させて頂き、毎日どうすれば効率的にできるかなど、 私なりの''教科書の更新''を繰り返していく中で、沢山のことを学ばせていただきました。机に座って授業を受けている時には、絶対に気づくことの出来ない気づきが沢山ありました😁
私は学校に毎日行くことは本当に努力の必要な事だと思い、心から尊敬しています。
また、学校から得る学びが沢山あることも知っています。ですが、それと同様に通学しないことを選択することで学べる学びもとっても多いです。
結局何が重要かと言うと、
自分で選ぶことです。
目の前にあるテストや課題、問題、仕事にとらわれすぎて視野が狭くなってしまうことは良くあること、ですが
学校、職場、よりももっと広い共同体でものを見たり、別の道もあるかも。と広い視野をもって考えて進んでいくことで、新しい学びや気づきが得られるのかもしれませんね😁👍
改めて今支えてくださっている沢山の大人の方、ゼロ高生や友達に感謝です。
いつもありがとうございます。
クリキャロで関わってくださった方々、本当にお疲れ様でした、ありがとうございました!

ゼロ高って面白いなって思って下されば、いつでも説明会にお越しください。

東京説明会12月27日(日) 13:00~15:00

1月9日(土) 13:00~15:00
1月24日(日) 13:00~15:00

2月7日(日) 13:00~15:00
2月21日(日) 13:00~15:00

会場:東京都渋谷区、もしくは港区
説明会は14:30終了。その後ご希望されるご家族と個別相談。
大阪説明会
1月31日(日) 13:00~15:00
2月14日(日) 13:00~15:00

会場:大阪市
説明会は14:30終了。その後ご希望されるご家族と個別相談。

会場では徹底したコロナ対策を実施しますが、ご心配な方はZoomでも説明会を開催しております。お気軽にご相談ください。

お申し込みはこちらから👇👇👇




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
ゼロ高です。 中学卒業予定の方から高校を卒業されていないどなたでも入学が可能です。 高等学校と教育連携をすることで、高校卒業資格を取りながら、自分のやりたいことを プロの現場を通して見つけ、学べる仲間がいる場所です。 HPはこちら→https://zero-ko.com/