見出し画像

万華鏡写真を撮ろう!03 撮影方法

私は万華鏡写真を撮る場合に2つのやり方で撮影しています。ひとつはレンズの先に万華鏡を取り付けてしまう方法。レンズに万華鏡を固定するので撮影時に位置を合わせるする必要がなくなります。またそのまま外に持ち出して撮影することもできます。

取り付けにはステップアップリングを使います。ステップアップリングというのはレンズの先に径の違うフィルターを使いたい場合などに使うリングのことです。

画像1

画像2

たとえばレンズのフィルター径が52mmの場合、チップスターの底は67mmなので52→67mmのステップアップリングを使います。フィルター径が37mmなど小さい場合は、37→52mmと52→67mmなど2つのリングを組み合わせるといいでしょう。チップスターの底に対して少しきつめですが、しっかりはめ込み、はずれないようにテープで留めておきます。

画像13

レンズは小型のものがオススメです。大口径だと鏡からはみ出してケラレて外側も写ってしまうからです。以下真ん中のレンズは小さいのでケラレない。左の大きなレンズはケラレます。

画像3

焦点距離によって三角形のパターンの数が変わります。広角レンズを使えばパターンが多くなりますが、望遠レンズだとパターンが少なくなってしまうので、万華鏡の効果は薄れます。

以下は外で撮影した写真です。被写体は萩の花ですが、外で撮影をし空も写っています。

画像4

レンズをカメラに取り付ける以外には、三脚で万華鏡を自立させて上から撮影するという方法もあります。この場合は小さなデジカメやスマホなどでも撮影できて便利です。三脚は被覆付きのカラーワイヤーを3本同じ長さに切り、ねじって合わせました。被覆付きのものがなければ普通の針金でも構いません。素材はアルミニウムのものが柔らかく扱いやすいです。

画像6

画像7

100円ショップで買ったカラーワイヤー

画像5

室内で撮影する場合は窓際の明るいところで撮影するか、ライトを使って明るくして撮りましょう。100円ショップなどで販売されているLEDライトなどで構いません。具材の下から光を当てれば、透過光のきれいな写真が撮れます。

100円ショップで買ったLED。

画像11

三脚を使って固定しておくと撮影しやすい

画像12


光源を下に置いて透過光で撮影したもの。透けた感じがきれいです。

画像9

ノートパソコンの画面をバックに撮影。バックの色を自由にコントロールできます。

画像10

被写体は何でも構いません。以下はお菓子を撮影。バックには黄色い紙を敷いています。

画像11

次回は「万華鏡写真を撮ろう!─応用編」(予定)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
1961年生。実験写真家。美学校考現学研究室で赤瀬川原平に学ぶ。ワークショップ「Foto Session '86」にて森山大道に学ぶ。本の雑誌社勤務の後、写真家として独立。写真フィルター「宙玉」を考案。上原ゼンジ写真実験室 https://zenji.info/

こちらでもピックアップされています

万華鏡写真を撮ろう!
万華鏡写真を撮ろう!
  • 3本

万華鏡を使って写真を撮る方法を紹介します。 カメラに直接鏡を付けるので、花やアクセサリーなど様々な被写体をパターン化することが可能です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。