美食エッセー少2

第14回 北京のスラム街で食べたチョウザメの清蒸(後編)

チョウザメというのはキャビアとなる卵を宿す魚だけれど、大きなものは悠に人間を超えるくらいの大きさになる。

乱獲によって絶滅が危惧されていて、その昔、4メートルのチョウザメがいたという話もある。いわば古代魚であり、太古の昔からその姿を変えずにこの地球で生きてきたが、新参者の人間に捕獲されすぎて、今は養殖で生きながらえ、それどころか日本の熱帯魚店に行けば、10㎝ほどの稚魚も売られている有様である。

この続きをみるには

この続き: 2,574文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

結月美妃が綴る100の美食エッセー。

または、記事単体で購入する

第14回 北京のスラム街で食べたチョウザメの清蒸(後編)

結月美妃

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結美堂代表取締役 コンサート&イベントプロデューサー