見出し画像

Vol.31 「リーダーシップ」が誤解されている

最上雄太 Ph.D. シェアド・リーダーシップ研究

 このnoteは、シェアド・リーダーシップのトレーニング・コース共同開発パートナーである有限会社システムアンドコントロール社(SM&C)の野村代表と、SNSにて、シェアド・リーダーシップに関して、普段着の会話をしている内容の続きです。

 最上雄太が講師を務める「ドクター最上のリーダーシップ勉強会(もがべん)」を9月16日(金)に行います。無料です。どなたでも参加いただけます。是非、ご参加下さい!


ー//ー//ー//ー//ー//ー//ー//ー//ー//ー//ー

 第31回目の往復書簡は、前回の内容(Vol.30 ダイアローグの循環プロセス)の続きです。さらにさらにダイアローグが続きます。次の野村さんの語りを見てみましょう。

「リーダーシップ」が誤解されている

  (以下野村さん)ところで、昨日、ある人と話をしていてあらためて気がついたのですが、やはり、「リーダーシップ」を「学ぶ行為」は、それ自体が誤解されていると思います。

 そもそも、会社はリーダーシップを学べ、というけど、会社はリーダーを助けない。かなり減ったとはいえ、昭和や平成の時代っぽく「オマエならやれるよ」といって、放置したりする。それを見た若い人は、「リーダーになるって嫌だなー」と思うわけです。

 この構造は、本当にムダだと思うのです。リーダーかどうかの見極めは、28歳くらいまでには、確定したほうが良いと思うのです。そこから言えることは、リーダーシップ開発は2種類あるべきで、30歳以上は、リーダーシップを開発させる側、30歳未満は、リーダーシップを開発される側、というように、考えて行ったら良いのではないか、と。あ、マネジメント教育も同様です。

 ・
 ・
 ・

 話は一端元に戻って、「リーダーシップ」が誤解されているところから、もっと手を入れた方が良いな、と。リーダーになりたくない、と、思わされるのは、やはり、残念な先輩や、苦労している先輩を見てしまっているからだと思うのです

 昭和から平成の初期までは、大きな組織、大きなチームで、大きな仕事をするのが良い、みたいな「線形・連続」思考(未来予測型)がはびこっていました。

 しかし、平成の後期からは、いかに小さな仕事を小さなチームで迅速にこなしていくか、に、考えが変わったわけです。これは、変化に適応していく状況適応型があたりまえになりました。この状況適応型の時代のリーダーシップが、ちょうど、シェアドリーダーシップなのです。

 昭和や平成初期の「毎朝朝礼」「毎朝社訓を叫ぶ」「売上第一」「「大きい仕事を取った奴が優秀」などを土台とした、暑苦しいリーダー(酷い言い方をすれば、モノローグで田舎のヤンキー風リーダー)は、もう、いらないのです。

 もう「そんなリーダーはいらないのです」と、明言するところから、話をしていかないと、と、思いました。あれ、おかしいな。自分、半年前はリーダーシップが大嫌いだったハズなのに・・・。

 ・
 ・
 ・

 この後も、往復書簡が継続します。次回をお楽しみに!
 なお、野村さんのメルマガは以下から購読いただけます。PMPを目指す方、すでにPMPの方、事業開発、組織開発、リーダー育成に興味のある方にお勧めしたいメルマガです。


【9月開催】変化を導リーダー開発6Daysご案内


 最上雄太Ph.D.と野村さんの共同開催セミナー9月開催 「変化を導くリーダー開発6Days」では、現在参加希望者を受け付けております。

 このセミナーでは、本記事で紹介したダイアローグのレシピを学び、実践にむけてインストールすることができます。
 チームがうまく機能していない、指示がうまく伝わっていない、リーダーが育たない、新しいアイデアが生まれない、生産性や創造性が低い、また、自分自身のモヤモヤがある・・・
 こういったリーダー特有のお悩みをお抱えの方に、ぜひお勧めしたいセミナーです。
 くわしくはこちらをご覧ください→変化を導くリーダー開発6Days

シェアド・リーダーシップについては、こちら↓↓↓をご覧ください。
最上雄太によるシェアド・リーダーシップの解説ビデオです
 ▼
 ▼


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
最上雄太 Ph.D. シェアド・リーダーシップ研究
はじめまして、最上雄太です。最上雄太 博士(経営情報学)、シェアド・リーダーシップ/リーダーシップ論を専門領域としています。noteでは、私の研究に関わる記事を、一般の方でもわかりやすい言葉で書いていきます。よろしくお願いします。