見出し画像

小林に咲く、ワイルドリリー

百合と言う名前は、我が家の苗字です。

つまり、私のほんとの名前は、百合千佳。何だかちょっと寸足らず。

色んな百合がありますね。百合の花ならどれも好きですが、特に、野生の百合:ワイルドリリーが大好きです。

えっ、こんなとこに?って言うところに1本だけ咲いている時もあれば、圧巻なほどに群生して咲いている時もある。凛として、清々しく。

天国に咲く花とも言われています。珈琲は香りを嗅ぐとα波がたっぷり出てリラックスできます。このリラックスと言う状態がまさに、天国へトリップした状態。百合珈琲は、この世に天国を作るべく、合法ドラッグである珈琲を売りさばく・・小林に咲くワイルドリリー。

人間は、ただ、ぼーっとしているだけで、幸せで豊かな生き物なのだと、思い出させてくれる珈琲は、神様からの贈りもので、それを皆様にお届けするのが、私のお仕事です。

珈琲の凄いところは、珈琲の嫌いな人まで、トリップ出来ると言うところ。喫茶店は、香りを嗅ぎに来てもらうところ。香りを嗅がせたくて嗅がせたくて嗅がせたくて、どうしようもないんです。

必然、そこで働く人が一番幸せ。人を天国にイザナってるつもりが、知らず知らずのうちに、天国へ旅立ち、この世の者とは思えない心地になります。まるで、α波の蛇口が壊れているようです。当然、普通の生活に支障が来たします。ちょっとびっくりな出来事で目が覚め、地上に帰ります。そんな、アトラクションの様なコーヒー屋さんの日々。

嗅ぐだけは危険です。ちょっと飲んでみると目が覚めますよ。集中力も増し増しです。飲み過ぎると過集中に陥ります。バランスよく飲みましょう。

バランスよく配合された百合ブレンドがおすすめです。

程よく嗅いで。程よく飲んで。丁度良い加減。

バランス。大事。最近になって、ようやく、わかってきましたよ。

バランス。とっても大事。凪いで暮らしていきましょう。










この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
愛してます!
3
創業1960年の珈琲屋の2代目店主をしております。 兵庫県宝塚市で、珈琲豆を焙煎・販売を行う傍ら、喫茶店を営んでおります。笑顔で楽しめるコーヒーを皆様に提供できれば嬉しいです
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。