見出し画像

あの、ほら、お相撲さんのブレンド

画像1

父の時代から残ってる唯一のブレンド名。

使用してる豆や配合は変われど、名前だけは残ってる。

愛着があります。

「レーコー」アイスコーヒーにもおすすめのお豆さん。


コロンビアとブラジルとマンデリンを深煎りにしてブレンドしています。

ブレンドの方法には、生豆の状態でブレンドして焙煎するプレミックスと、それぞれ焙煎してからブレンドするアフターミックスがあります。

ストロングブレンドは、それぞれのお豆さんに導かれながら、それぞれに焙煎するアフターミックスです。

コロンビアは、アンデスコンドルと言う銘柄を使用しています。この豆とのお付き合いは、とても長く、20年近くこの銘柄を使っています。

お店を継いだばかりの頃、父の使っていた豆では飽き足らず(父のせいではない。大量生産による品質劣化もあるし、ほとんどの場合、私が生意気。)色んな豆を取り寄せて、初めて飲んだ時に衝撃を受けたコロンビアがアンデスコンドルでした。子供の頃に飲んだふわっとまろやかな昔ながらのコロンビアンマイルドがそこにはありました。

今ではストロングブレンド同様、農園が変わっても銘柄名だけが残ってる。聞くところによると、農園主が年老いて手入れを怠り品質が落ちたので、農園を変えたとの事ですが、他人事ではなくなってきました。身につまされる・・。焙煎する人は変われどストロングブレンドの名前だけは残してもらえるよう、おごることなく、守り続けていけたら良いなと思います。

画像2

父は、このブレンドを煎る時だけ、焙煎機のバーナーを変えていました。

画像3

一度、ガスの元栓を間違えて半開きにしたまま焙煎した時があって、その時に出来た珈琲がとても甘くて美味しかったそうで、バーナーの穴を塞ぐことでガスの半開きを再現していたそうです。父はこのバーナーを赤火の釜と呼んでいました。私は、ガスの空気を絞ることで赤火にしています。いずれにせよ、求めたい味は同じ。ねっとりまったり甘い。そんなブレンド。

イラストレーターのyaeko.Kさんに書いて頂いた、お相撲さんのラベル。ストロングと言う名前は覚えられなくても、あのほら、お相撲さんのブレンド!で通ります。

こちらの記事を面白いと感じて頂けた方は「♡マークのスキ」を押していただければ幸いです。(スキは非会員でも押すことができます)
また、フォローやシェアも大歓迎でございます。
今後もnoteを通して皆様と交流できれば幸いです。

お店情報(通常営業時のものとなります)

【営業時間】午前9時~午後7時
【定休日】日曜日・祝日
【住所】兵庫県宝塚市高司1-8-11
【電話番号】0797-72-0656
【インスタグラム】 @yuri_coffee_takarazuka





この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
愛してます!
13
創業1960年の珈琲屋の2代目店主をしております。 兵庫県宝塚市で、珈琲豆を焙煎・販売を行う傍ら、喫茶店を営んでおります。笑顔で楽しめるコーヒーを皆様に提供できれば嬉しいです
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。