見出し画像

Netflix版『デビルマン』が「二度と観たくない」傑作だった

3連休明け、世の中が動き出した。

やるべきことは無数にある。週末からはじまる「呑むアート展」の準備もあれば、年末からお待たせしてしまっている原稿もあるし、言いつけを守らないあまり税理士さんから「●●だけは期日通りお願いしますね!」とメールのみならずDMまでもらってしまった。今日は何時に帰れるかわからない。

そんな状況なのに観てしまった。240分も使って

ヒロインは人気インスタグラマーで、不良は地元への不満をサイファーで発散。それが2018年の『デビルマン』

それは何か、何か、何か。それはデビル、デビルマン、『デビルマン』。正確には、『Devilman Crybaby』。1/5から全世界同時に配信のはじまった、Netflixオリジナルアニメだ。

原作は永井豪。監督は『ピンポン THE ANIMATION』、『四畳半神話大系』の湯浅政明。脚本は『∀ガンダム』、『コードギアス』、『プラネテス』の大河内一楼。音楽はLAMAのメンバーであり『ピンポン THE ANIMATION』の牛尾憲輔と個人的にも盤石の布陣だったので、発表時から期待していた作品だったが、期待を遥かに凌駕する出来で、「あと1話だけ」、「あともう1話だけ……」と、この忙しいときに、全10話一気に観てしまった……(小声)。

そもそもめちゃくちゃおもしろい原作が、ヒロインがインフルエンサーになってたり、不良がサイファーしてたり(ちゃんと声優もラッパー)といった現代風のうまい味付けによって見事に再構築されていてほんとすばらしい。「歌だけは知ってる」とか、「実写映画やばかったやつね(笑)」みたいな人にこそ観て欲しい。全10話、寄り道なしに突っ走るので飽きもこない。

とTwitterにも書いた通り、暴力表現もいい意味でPOPになっていてそういうのが苦手な人にも……と2話までは思っていたけど、後半はそうも言ってられない状況・描写が重なっていく。「観たくないのに、目が離せない」という状態に何度も追い込まれてしまった。正直、二度と見たくないシーンもいくつかある。

寿司と配信コンテンツは「出されてすぐ」がマナー

最初は時間を浪費している罪悪感があったけど、それが段々と「これは今観なきゃいけない作品だ」という気持ちに変わり、最後は使命感すら感じて見届けた。ドラマや映画は大体そうなのだけど、Netflixをはじめとした配信コンテンツは特に制作陣の「今観て!」という心意気を感じる。2018年1月5日の地球めがけて投げられているというか。寿司と一緒で、出されたものをすぐ食べるのがマナーみたいな。

賛否両論あったみたいだけど、劇中の悪魔の台詞「人間は権威に弱い」を体現し、皮肉ったようなこの広告もすばらしかった。KAI-YOUのすごくいい仕事だと思う(同世代がいい仕事をしているという意味では嫉妬も感じた)。

デビルマンが影響を与えた有名作品が列挙された広告がすごい!→GANTZ作者「影響受けてたんだ?!」 - Togetter

(上記画像クリックするとキャンペーンページに飛びます)

『Devilman Crybaby』、まごう事なき傑作だと思います。観ると「食らう」ので、ぼくはしばらく観たくないけれど。このために一ヶ月Netflix入っても、全く損はないはず。

おすすめです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

1986年生まれの編集者です。ツドイという会社の代表をやっています。滋賀県出身新宿在住。オフィスは神保町。

おおすめのWikipediaは「味覚糖」です。
78
編集者。 編集とイベントの会社「ツドイ」をやってます。つくる人の古本市 #ツドイ文庫 や、ノンアルコールバー #BarStraw もやってます。Twitterのほうが高頻度でいろいろ書いてますので、鳥のアイコンからぜひ。もちろん、noteも書きます。

こちらでもピックアップされています

生命を宿す絵=「魂画(アニメーション)」の深淵
生命を宿す絵=「魂画(アニメーション)」の深淵
  • 181本

動画すなわちアニメーション(animation)とは、ギリシャ語で「魂」を意味するアニマ(anima)に由来する言葉だ。日本を含む古代文明の多くが、森羅万象に魂が宿るとする信仰=「アニミスム(animism)」を持ち、当時の人々は万物を神格化した壮大な神話哲学体系を編み上げていった。 やがて彼らは気づく――「たとえ生きていない絵や像でも、何らかの方法により『魂』を吹き込まれることで、それらはついに永遠の命を持ちえるだろう」と。その憧れへの歴史は古く、最古のアニメーションは3000年前の中国で生まれた「走馬灯」とも、17世紀西欧の「幻灯機」ともいわれる。 やがて近代映画の撮像フィルムに動画を“焼く”技術が生まれ、ウォルト・ディズニーにより商業化に成功したアニメーションは、戦後の日本において独自の技術と様式美を確立し「アニメ」と称されるようになった。そして今日も新たな『魂』が世界を駆け巡る。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。