星野由美
メキシコ現代詩人ハイメ・サビネス
見出し画像

メキシコ現代詩人ハイメ・サビネス

星野由美

きみが眠る部屋の片すみで、
ぼくは染み、壁の一点、
きみの目が、きみなしで見つづけるなんらかの線…

『ユリア』より

Tal vez, acaso un día,
en una lámpara apagada,en un rincón del cuartodonde duermes,
soy una mancha,un punto en la pared,
alguna raya que tus ojos,sin ti, se quedan viendo.

Yuria 1967

メキシコ の友人がハイメ•サビネスの詩集を贈ってくれました。文壇と距離を置き、メキシコ大衆から熱烈に愛された詩人。愛の語彙を限りなく豊かに謳った人。

Mi amigo mexicano (@chaochato ) me regaló el poemario de #jaimesabines . Es un poeta que trata de alejarse del ambiente literario, y que fue amado por el pueblo mexicano. Del libro abunda el amor complejo, con las palabras sencillas.

#poesiaamorosa #jaimesabines #poesiacontemporaneamexicana #yuria #メキシコ詩人 #ハイメサビネス

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
星野由美
スペイン語圏の詩と絵本の翻訳をしています。翻訳した本を中心に綴っていきます。2021-22年は、『フリーダ・カーロの日記』と宮沢賢治の日西バイリンガル詩集を共訳で刊行予定です。http://colorin-colorado.info/