『絵本のいま 2021-22』(玄光社)
見出し画像

『絵本のいま 2021-22』(玄光社)

『絵本のいま 絵本作家2021-2022(玄光社)』で、ご紹介いただきました。
はじめてお声がかかってうれしいです。ありがとうございました。
愛読書には『名詩の絵本』を紹介させていただきました。

名詩の絵本

名詩の絵本
川口晴美 編集
ナツメ社

名詩がぎゅっとつまったポケット詩集100選の絵本

心がざわつく時に読んでいました。眠れない夜は石垣りんさんの「おやすみなさい」。訳す言葉がつながらない時は茨木さんの「自分の感受性くらい」。「朝のリレー」で世界を旅し、「サーカス」で暗い時代にゆあーんと揺られ、慈しむ「私と小鳥と鈴と」に溜息。祈りの「永訣の朝」は圧巻。絵も写真もステキです。


名詩の絵本Ⅱ も出ています。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
スペイン語圏の詩と絵本の翻訳をしています。翻訳した本を中心に綴っていきます。2021-22年は、『フリーダ・カーロの日記』と宮沢賢治の日西バイリンガル詩集を共訳で刊行予定です。http://colorin-colorado.info/