見出し画像

MEE6のbotを入れて、コミュニティメンバーの発言をちょこっと後押しする方法

yukka kiyo

簡単にコミュニティを作れる時代。Discordであれば、無料で5分もあればメンバーを集める「ハコ」は完成します。しかしハコを作ったからといっても、メンバーがいきなりたくさん発言して盛り上がるというわけではありません。

ミッション・ビジョンの共有や、インセンティブの設置など、綿密なコミュニティの設計が必要ですね。(ここらへんは「People Powered」が最適な文献です)しかし!!たまには手軽な方法に頼ってみたいときもあります。たとえそれが小手先な手段だとしても…。

今回は、MEE6というbotを入れて、手軽にコミュニティメンバーの発言を促す仕組みをご紹介します。これだけでコミュニティメンバーのエンゲージメントが高まるわけではなりませんが、楽しいbotなので導入しても損はないと思います!

MEE6とは?

MEE6とはDiscordのbot。1,800万台以上のサーバーで使用されている人気のbotです。新しく入ってきたユーザーにウェルカムメッセージを表示させたり、ユーザーにRoleを付与したり、カスタムコマンドを作れたり、使い方によってDiscordに楽しい仕掛けを作ることができます。

今回使用するのはレベルアップシステム。主に発言量によってポイントが貯まり、ユーザにレベルを付与します。Discord内で自分のランクカードを表示させることができる他、ほかのユーザのレベルも確認することができます。

普段はこのレベルを意識していることはありませんが、Discordで発言し、しきい値を超えたタイミングで、MEE6から「おめでとう!あなたのレベルが上がったよ!」と言われることがあり、ちょっぴり嬉しい気持ちになれるbotです。

1. MEE6をDiscordサーバーに入れる

公式サイト<こちら>でAdd to Discordをクリック。サーバーに初めて導入するときは認証画面が表示されるので、OKを押して進めましょう。

2. Levelsをアクティブにする

今回はレベルアップシステムを導入するので、ENGAGEMENT & FUNLevelsActiveにします。これでMEE6のレベルアップシステムが利用できるようになりました。

3. botの投稿先と投稿内容を変更する

レベルアップしたことを知らせるbotの投稿先は、Level up annoucementCusom Channelを選択すれば、指定したチャンネルに変更することができます。また、投稿内容も自由に編集可能。好きな文章に変更しましょう。

4. その他の設定

下のほうにスクロールすると、Edit server rank cardという欄があるので、ここからユーザに表示させるランクカードを編集することが可能です。好きな色に変えられますよ。

/levels」や「/rank」をアクティブにしておくと、ユーザがこのコマンドを使って、他の人のレベルを確認したり、自分のランクを確認できるようになります。これでひと通りの設定は完了です。

5. Discordでの見え方

では、実際にMEE6のbotの投稿を見てみましょう。発言がたまってレベルがあがると、Discordで下記のようにbotからお知らせが来ます。ちなみに、どれぐらい発言すればレベルがあがるのかはコチラで公開されていました。

botからお知らせされなくても自分で「/rank」とコマンドを打ち込むと下記のように、ランクカードが表示させることができます。

また、「/levels」とコマンドを打ち込むとleaderboardへのリンクが表示され、全ユーザのレベルを表示するサイトにアクセスできます。

レベルアップシステムをさらに効果的にするには


このレベルアップシステムをさらに効果的に活用するには、「レベルが3になったら100トークン獲得できる」「レベルが5になったら300トークン獲得できる」など、レベルとトークンを紐付けすると、メンバーはさらに発言するモチベーションが高まります

とはいえ、このレベルは発言内容まで考慮したものではありません。あくまでも発言量だけでレベルがアップするだけなので、レベルが高いからといってコミュニティに貢献する発言が多いというわけではないので要注意。

あくまでもちょっとしたゲームとして位置づけ、エンゲージメントを高める楽しい仕掛けとして活用してみてくださいね!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
yukka kiyo
SaaS企業で主に採用記事書いています。ツールいじりが好きです。