フォリア工房での染色の技法

13

図案について

布に文様を描くにあたって、いきなり布に糊やロウを置いたり、染料や顔料で描く事は出来ない…

下絵について

図案が出来たら、下絵を描きます。 布に図案を描き写すことを「下絵を描く」と言います。 …

採寸について

下絵を描く前にそれぞれの用途に合わせて生地を採寸します。 (その寸法に合わせて図案紙を…

糊について

文様を染めるにあたって当工房では糊やロウを使いますが、 日本の染物に使う糊には、 「柄の…

色挿しについて

色挿しは糸目糊置きで括った部分に着色する、あるいはロウによって堰出し(ロウによって文様を…

ロウについて

工房では柄を伏せるのにロウを多く使用します。 また、糸目糊を使わずにロウのみで文様全体を…

引染(ひきぞめ)について

「引染」は生地に染料液を刷毛で塗り付けて染める方法です。 この染め方は手描き友禅だけで…

蒸しについて

染めには大きく分けて二種類の方法があります。 一つは「浸染」(しんぜん)です。 これは染…

水元について

「水元」(みずもと)は染めた生地を水洗いすることを言います。 「引染」の場合は、生地が経…

脱ロウについて

ロウや、ゴム糊を使って文様染をした布は、水洗いではロウやゴム糊は取れませんので、溶剤で洗…