マガジンのカバー画像

フォリア工房での染色の技法

13
工房で行っている、染、文様染の技法を解説しております
運営しているクリエイター

記事一覧

図案について

布に文様を描くにあたって、いきなり布に糊やロウを置いたり、染料や顔料で描く事は出来ない…

下絵について

図案が出来たら、下絵を描きます。 布に図案を描き写すことを「下絵を描く」と言います。 …

採寸について

下絵を描く前にそれぞれの用途に合わせて生地を採寸します。 (その寸法に合わせて図案紙を…

糊について

文様を染めるにあたって当工房では糊やロウを使いますが、 日本の染物に使う糊には、 「柄の…

色挿しについて

色挿しは糸目糊置きで括った部分に着色する、あるいはロウによって堰出し(ロウによって文様を…

ロウについて

工房では柄を伏せるのにロウを多く使用します。 また、糸目糊を使わずにロウのみで文様全体を…

引染(ひきぞめ)について

「引染」は生地に染料液を刷毛で塗り付けて染める方法です。 この染め方は手描き友禅だけでなく、ろうけつ染め、小紋染め、型友禅染めの地染めに多く使われます。 友禅染め等では多く、地色は引染師さんに外注しますが、当工房ではロウを使って地色を文様に微妙にかぶらせる加工が多いため、工房内で引染をする事が殆どです。工房ではどうしても染めにくい色の場合は、外注に出します。 +++++++++++++ *「引染」の道具* *張り手* 生地を広げたまま、経方法に引張る為の道具で

スキ
10

蒸しについて

染めには大きく分けて二種類の方法があります。 一つは「浸染」(しんぜん)です。 これは染…

水元について

「水元」(みずもと)は染めた生地を水洗いすることを言います。 「引染」の場合は、生地が経…

脱ロウについて

ロウや、ゴム糊を使って文様染をした布は、水洗いではロウやゴム糊は取れませんので、溶剤で洗…

湯のしについて

染めの色々な作業工程で生地はストレスを与えられています。 生地が縦横に伸びたり、あるいは…

仕上げについて

染めの加工が一通り出来上がると、必要に応じて金彩や刺繍の加工をしたり、挿し色を顔料で調整…

天然染料の煎じ方

当工房で行っている、基本的な天然染料の煎じ方です。 染材によっては方法が多少変わったり、…