【復活】カフェなのに定食!?
見出し画像

【復活】カフェなのに定食!?

Cafe Jack in the Box店長ゆきねー

 お食事処でもなければファミレスでもない。カフェなのになぜ定食があるのか。

 カフェ定食の始まりはCafeJoren時代に遡る。
 若いライダーが夜な夜な集まるライダーズカフェ。ジャンクフードばっかり食べている田舎から出てきた若者や、仕事が不規則で夕飯はもっぱらコンビニで済ませている子。
 そんな若者たちの食生活が心配でならなかった店長(50)が、「週に1度でもちゃんとした食事をしてほしい」そんな気持ちから始まったのだ。
 日替わりでお袋の味を提供していた日々から、Cafe Jack in the Boxへの移転を経て、現在は気軽に召し上がっていただける「カフェ丼」へと変化。
 しかし未だ定食再開の声は多く、満を持してフライ定食のグランドメニュー化となった。

 広島産大粒の牡蠣がたっぷりのカキフライ定食、アジ・イカ・海老・牡蠣のミックス定食(各1300円)Cafe Jack in the Boxの価格帯からは少しお高めの値段設定だが、味噌汁とご飯、漬物がついて満腹間違いなしのメニューだ。

 これからカフェ定食、また違ったメニューが飛び出すかもしれないという店長。期待して待つべし。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Cafe Jack in the Box店長ゆきねー
ライダーズカフェ Cafe Jack in the Boxの店長ゆきねーです。 店長日記などをひとつ。 FMやまと「くらさんの今日もツーリング日和」出演中 毎週土曜20時OnAir