見出し画像

BlockFiでレンディングする方法!今ならキャンペーン金利で10%


仮想通貨を利益確定してドルのステーブルコインが増えたので、一部をレンディングしています。

BlockFi(ブロックファイ)でキャンペーン金利10%を得る方法について、書いていきましょう。


BlockFi(ブロックファイ)とは


BlockFi(ブロックファイ)とは、仮想通貨のレンディングサービスです。

レンディングとは「貸し出し」という意味で、お金を借りたい人と貸したい人をマッチングします!!


具体的には、以下2つのサービスを提供していますよ。

・仮想通貨を預かり、利息を提供する

・仮想通貨を担保に、お金を貸し出す


BlockFiはアメリカが拠点ですが、日本人でも利用できます。

実際に多くの方が仮想通貨を預けて、利息を受け取っていますね。





BlockFiの金利


BlockFiを使う人が多いのは、預け入れ金利の高さからです。

BTCは5%、ETHは4.5%、USDTは9.3%の年利(APY)となっています!!

画像1

参考:BlockFi(2021年5月現在)


ただしBTCとETHは、預入数に応じて金利が変わります。

指定された上限を超えると、超えた分だけ金利が低くなる仕組みです。


あとBlockFiでは、指定した通貨で利息を受け取ることができます!!

たとえばBTCを預けて、BTCで利息を受け取れるのはもちろん・・・

希望すれば、ETHやUSDで受け取ったりもできるのです。


またBlockFiの金利は、「月次複利」で回ります!!

利息は毎日発生し、月初にまとめて振り込まれるのですが・・・

そのまま置いておけば、利息分も自動で運用されるのです。


金利キャンペーン中


さらに今なら、2重でキャンペーンが行われています。

1つ目が、初回入金で最大250ドル(約27,500円)もらえるキャンペーン!!

無題

参考:BlockFi


これはBlockFiに初めて入金し、2ヶ月間預けるだけでお金がもらえるというもの。

「初めての入金」が条件なので、過去にアカウントだけ作って放置していた方も対象です。

2か月間の平均残高に応じて、以下のようにもらえる金額が変わります。

無題

参考:BlockFi


この報酬は入金した月から2ヶ月経過後の15日に、BTCで付与されます。

もちろんこれに加えて、通常のレンディング金利も受け取れますよ。

例)5/27に2万ドル分のBTCを預ける
  従来の5.0%の金利:毎月受け取り
  キャンペーン報酬:8/15に250ドルを受け取り


2つ目は、新規預入するドルステーブルコインの金利が年10%になるキャンペーン!!

無題

参考:BlockFi


これは4/22〜7/31に新規に預け入れたドルステーブルコインは、期間限定で金利を年10%にするというもの。

ドルステーブルコインとは米ドルに連動する仮想通貨のことで、具体的には以下の5つです。

・USDC
・BUSD
・GUSD
・PAX
・USDT


ドルステーブルコインにはそれぞれ、すでに金利が設定されています。

これらの金利から10%までの上乗せ分が、GUSDで8/31に付与される予定です。

例)5/27に2万ドル分のUSDCを預ける
  従来の8.6%の金利:毎月受け取り
  キャンペーン金利:8/31に上乗せ分(1.4%)を受け取り


金利が高い理由


なぜBlockFiはこんなにも、高い金利が出せるのでしょうか?

それは、それ以上に高い金利を貸出先からもらっているから!!


たとえばBTCを担保にBlockFiから1万ドルを借りる場合、その借入利率は「12.5%」です。

このように高い金利で貸し出しているので、資金の提供者には高い金利を還元できます。

無題

無題

参考:BlockFi


なぜこんな高金利で貸せるかというと、仮想通貨を担保にお金を借りられるサービスがまだ少ないから!!


利益の出ている仮想通貨を売ると、多額の税金が発生します。

したがって仮想通貨を担保にお金を借りられるサービスは、税金を払わずに現金化する手段として最適です。


しかしニーズは大きいものの、まだサービス提供者は多くありません。

結果として需要過多となっており、それが高い金利につながっています。

逆に言えばまだサービスが広がっていない今しか、高い金利を受けるチャンスはありません。


BlockFiの貸出条件や手数料


BlockFiの貸出条件は、以下の通りです!!

募集時期:いつでも
中途解約:いつでも
最低貸出量:なし

参考:BlockFi


国内取引所のレンディングサービスだと、募集が不定期だったり預入期間が決まっていたりします。

それらと比較すると、BlockFiはかなり条件が柔軟ですね。


BlockFiの手数料は、以下の通りです!!

解約手数料:無料
出金手数料:月1回まで無料
融資開始手数料:1~2%(借り手のみ)

参考:BlockFi


預けるだけであれば、特に手数料はかかってきません。

また出金手数料に関しても、月1回までなら無料です。


なお出金限度額と出金手数料は、以下のようになっています。

無題

参考:BlockFi(2021年5月現在)


出金手数料はけっこう高いので、なるべく出金は月1回にしましょう。


BlockFiの安全性


BlockFiの安全性は、他のレンディングサービスと比べて高いと感じます。

その理由は、以下3つからです!!


・安全な管理体制が整っている

・盗難に対する保険に入っている

・大手企業から出資を受けている


ではそれぞれについて、くわしく説明しましょう。


【安全な管理体制が整っている】


BlockFiに預けた仮想通貨はGemini Custodyを通して、コールドストレージで安全に管理されます。

Gemini Custodyは仮想通貨の信託会社で、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)の規制下です。

顧客の預かり資産の95%が、このオフライン保管の対象となっています。


【盗難に対する保険に入っている】


BlockFiに預けた仮想通貨が盗難されたら、Nakamotoが提供する保険でカバーされます。

Nakamotoは仮想通貨の保険会社で、バミューダ通貨庁(BMA)から認可済みです。

保険金額は2億ドルで、暗号通貨マーケットで最大保証額にあたります。


【大手企業から出資を受けている】


BlockFiはアメリカ最大の仮想通貨取引所コインベースなど、数多くの大手企業から約168億円もの出資を受けています。

日本の企業も、リクルートが出資に参加していますよ。

そして早ければ、2021年の後半にIPO(株式上場)する計画です。


レンディングのやり方


BlockFiでレンディングを行う手順は、以下の通りです!!

 

・アカウントを作る

・本人確認を行う

・仮想通貨を送る

 

ではそれぞれについて、くわしく説明しましょう。


【アカウントを作る】


BlockFiトップページに行き、「Sign Up」を押す。

無題

参考:BlockFi


名前・メールアドレス・パスワードを入力し、利用規約とSMSポリシーにチェックを入れて「Submit」を押します。

無題

参考:BlockFi


登録したメールアドレスに6桁の認証コードが届くので、それを入力します。

無題

参考:BlockFi


自分が「Individual(個人)」か「Business(法人)」かを選びます。

無題

参考:BlockFi


居住国・郵便番号・住所・電話番号・生年月日を、流れにそって入れます。


無題

参考:BlockFi


該当する資金源を選び、「継続する」を押します。

無題

参考:BlockFi


【本人確認を行う】


本人確認を行うために、「Complete Identity Certification」を押します。

無題

参考:BlockFi


運転免許証、政府発行のIDカード(マイナンバーカード)、パスポートのうち、提出する書類を選びます。

無題

参考:BlockFi


カメラで写真を撮るか、あらかじめ撮った写真をアップロードします。

無題

参考:BlockFi


あなたの顔写真を提出します。

無題

参考:BlockFi


パソコンにカメラが付いてない場合、「Use your mobile」を押すとスマホカメラで撮影できます。


【仮想通貨を送る】


BlockFiトップページのメニューから、「Deposit」を押します。

無題

参考:BlockFi


預けたい通貨を、選択肢の中から選びます。

無題

参考:BlockFi


入金用のアドレスが表示されるので、そこに入金します。

無題

参考:BlockFi


入金が完了すると、BlockFiから「Deposit Transaction Confirmed
」というメールが届きます。

無題

参考:BlockFi


またBlockFiのトップページでも、入金が確認できます。

無題

参考:BlockFi


それぞれの項目は、以下の通りです。

Account Balance:預け入れ残高
Total Interest Paid:支払われた利息
Accrued Interest:発生している利息


これで、入金および預け入れ(レンディング)は完了です!!

このまま何もしないと、利息は預け入れた通貨で入ってきます。

利息を別の通貨で受け取りたい場合は、以下の手続きが必要です。


BlockFiトップページの右上のボタンから、「Profile Settings」を押します。

無題

参考:BlockFi


「Interest」の項目を押し、受け取りたい通貨を選択しましょう。

無題

参考:BlockFi


出金のやり方


BlockFiは拘束期間(ロックアップ期間)がなく、いつでも出金できます。

実際に出金する際には、以下3つのことに気を付けましょう!!


・出金手数料は月1回まで無料
→出金手数料は高いので、なるべく月1回で済ませる

・7日間の出金限度額あり
→限度額は超高額なので、あまり気にしなくて良い

・基本的には申請の翌営業日に出金
→セキュリティーのため、数日遅れることもある


BlockFiトップページ上部のタブから、「Withdraw」を押します。

無題

参考:BlockFi


引き出す通貨を選び、出金先を「Bank Account(銀行口座)」か「Cryptocurrency Wallet(仮想通貨ウォレット)」から選択する。

無題

参考:BlockFi


引き出す金額を入力し、「New Wallet」を選び、出金先のアドレスを入力して、「Review Withdrawal」ボタンを押します。

無題

参考:BlockFi


登録したメールアドレスに6桁の認証コードが届くので、それを入力します。

無題

参考:BlockFi


これで、出金は完了です。


BlockFiのリスク


銀行預金などと違い、BlockFiに預けたお金は法律で保護されていません。

したがって倒産した場合などは最悪、預けたお金が返ってこないリスクがあります!!

ただしこれは、国内取引所のレンディングサービスなども同様です。


コールドストレージでの保管や盗難保険への加入などから、ハッキングなどにはある程度の備えがあるでしょう。

また担保にした仮想通貨の50%までしかお金を借りられない仕組みなので、貸し倒れリスクも少なそうです。

仮にお金が足りない事態におちいっても、これまで出資している大手企業たちが助けるかなと思っています。


ただし実際の運営がどうなっているかは分からないので、失っても困らない金額で利用するのが良いです。

個人的には、少なくともIPOまでは大きな問題を起こさない(起こせない)のではないかと考えています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
国内銀行→香港金融→専業トレーダー。トレード歴13年。旅が好きで世界42都市にノマド経験。「トレードトラベラー」としてANA(全日空)に取り上げられた記事→is.gd/dJgsUB