yuuhi suzuki

電通/企画屋/デジタルハリウッド大学助教授。自分の気圧の中でしか生きられない、真実みたいなものについて。

誰かを強く大切にしてみたかった

このぽっかりと空いた時間をどうしてくれよう。 平日あれほど焦がれた休日なのに、今日も手持ち無沙汰な日曜日を過ごしてしまった。社会人になって9年目、いまだ上手に休...

甘い妄想。浅い行動。破壊衝動。ヤバイ状況。

最近、"ソワソワ感"に襲われている。 去年の初夏にも同じような症状に見舞われた。生きものたちが発情期を迎え、ムラムラと成長しだすエネルギーに当てられたんだ。そう自...

1/31 怒りを感じさせてくれる相手はメッセンジャー

自分を大きく見せる人にはなりたくない。 昨年後半から心掛けてきたその想いについて、最後は語ろうと思っていたのだけれど。現時点での僕はどうやらその想いをなくしてし...

1/30 きっといま、かけがえのない時間の中にいる

毎日noteをつけ始めて1ヶ月が経つ。振り返っての率直な感想は、”ちょっと綺麗な文章が多かった”。僕はもっと弱くてダサい人間だ。だから試しに昨日は、まだ手つかずだっ...

1/29 他殺願望と自殺未遂、生きると死ぬの境界線

誰かぼくを殺してください。ただし痛いのは嫌です。 ずっと長いこと、他殺願望を抱えて生きてきた。授業の合間に。学校の帰り道に。どうしようもなく湧いてきては、何も起...

1/28 これまでの自分に失礼のないように

僕が助教授を務めるデジタルハリウッド大学では、1年を4つの学期に分けている。担当講義の「広告制作」は今日で最後の回となった。内容は、ある課題を解決するアイデアの...