Uberドライバー向けRevenue based financing Moove/デジタルマーケティング費用最適化コーポレートカードTrustが資金調達ほかー8/9週注目のFintechニュース
見出し画像

Uberドライバー向けRevenue based financing Moove/デジタルマーケティング費用最適化コーポレートカードTrustが資金調達ほかー8/9週注目のFintechニュース

ユダマサキ@Z Venture Capital | フィンテック情報

こんにちは。Z Venture Capitalの湯田です。今週もニュースをお届けします!今後もFintechニュースを更新していきますので、チェックしたい方はTwitterフォローマガジン購読をお願いします。また、起業家の方やFintechに興味のある方はお気軽にご連絡ください。

Moove/Uberドライバー向けRevenue based financing

画像1

設立:2019/ナイジェリア
調達金額:$23M/SeriesA
主要投資家:Speedinvest、LeftLaneCapital、DCM他
URL:https://moove.africa/

アフリカ大陸は一人当たりの自動車保有台数が世界で最も少ない。米国では2019年、1700万台以上の新車が販売された一方、アフリカの新車販売台数は90万台にも満たない。車を所有することは贅沢なことであり、買うとしても中古車という状況だ。Mooveは、このような状況を変えるために2019年に設立されたモビリティフィンテック企業だ。彼らは、アフリカは先進国と違って多くの人々に金融へのアクセスがない点が課題だと考え、revenue-based financingを活用した自動車のファイナンスモデルを採用することで、車所有権の民主化を図っている。またナイジェリアでは失業問題という課題もあり、この課題も解決するため彼らは、このモデルを利用して働くことで返済に必要な収入を得ることができるドライバーをターゲットにした。Mooveはパフォーマンスと収益の分析結果を元にローンを査定する、独自のクレジットスコアリング技術を開発し、ドライバーに新車を販売、契約後5日以内に購入金額の最大95%を融資するローンを提供している。返済方法は、24ヶ月、36ヶ月、48ヶ月のいずれかを選択することができ、Uberでの運転で得られた週次収益の一定割合を返済に充てることが可能だ。返済期間、金利ともに既存の金融機関よりも有利な設計となっている。今後は調達した資金を元に様々な車両タイプへのローンの開発や、銀行口座を持たないドライバー向けのウォレットの開発を行っていく模様。

記事:https://techcrunch.com/2021/08/09/moove-raises-23m-to-create-flexible-options-for-drivers-to-own-cars-in-africa/

Trust/デジタルマーケティング費用最適化コーポレートカード

画像2

設立:2019/米国ロサンゼルス
調達金額:$9M/Seed
主要投資家:Lerer Hippeau、Lightspeed Venture Partners、Upfront Ventures、Upper90他
URL:https://www.trust.co/

eコマース市場の拡大に伴い、デジタルマーケティングへの投資は活発化している。米国におけるeコマースの売上高は第1四半期に39%増加しており、今年のデジタル広告費はYoY25%増の1,910億ドルになると予測されている。Google、Facebook、Snapchat、Twitterはいずれも、直近で広告収入を急速に伸ばしている状況だ。Trustは元Snapの従業員5名によって設立された企業だ。彼らはSnapで働いていた当時、デジタルマーケティングを行う企業向けツールを作っていた中で感じた、大手広告主と中小広告主の格差に注目した。つまり、大手の広告主には支払いサイクルや、インセンティブ、与信など経済面の条件で有利であり、運用に必要なデータやアドバイスを受け取れるといったメリットがあるが中小の広告主にはそれがないという課題だ。Trustはコーポレートカードとコミュニティを提供することでその課題を解決しようとしている。Trustのコーポレートカードを使うと、企業は購買力を最大20倍に高められ、支払いを45日以内に設定できる。また、コミュニティの一員として通常は大規模な広告主にしか提供されないマーケティング予算やデータに関するマーケット情報を共有し合うことができる。さらに、マーケティング戦略に合わせてキュレーションされたニュースを受け取ることができる。ベータ版では25社、ウェイティングリストには数百社の企業が登録されているとのこと。今回の資金は人員拡大に使用される。

記事:https://techcrunch.com/2021/08/11/former-snap-employees-raise-9m-for-trust-emerging-from-beta-to-level-marketing-playing-field/

<その他資金調達>

米国最大のネオバンクChimeがシリーズGラウンド$25Bの時価総額でSVF2、Tiger Global等から$750Mを調達

・資本政策管理ソフトウェアCartaが$7.4Bの時価総額でSilver Lake等から$500-600Mを調達

・アルゼンチンのPFMアプリUalaがシリーズDラウンド$2.45Bの時価総額でSoftBank Latin America Fund、Tencent等から$350Mを調達

・SMB向けHR及び給与ソフトウェアGustoが$9.5Bの時価総額で$175Mを調達

・個人ローンとクレジットカードを提供するUpgradeが$3.3Bの時価総額で$105Mを調達

・E-commerce as a ServiceのCart.comがシリーズBラウンドでPayPal等から$98Mを調達

・カナダのSMB向け会計ソフトウェアFreshBooksが$1Bを超える時価総額で$130.75Mを調達

・データ利用許諾の代わりに低コストで金融サービスへのアクセスを提供するKloverが$60Mを調達

・従業員の報酬計画プラットフォームPaveがシリーズBで$46Mを調達

・ 英国のソーシャル支出特化のネオバンクKrooがシリーズAで$24.5Mを調達

・APIベースのローン管理システムCanopyがシリーズAで$15Mを調達

・車両向け非接触決済ネットワークCarIQがシリーズBで$15Mを調達

・英国のパーソナライズクレジットカードKeeboがシードラウンドで£5Mを調達

<IPO>

・ブラジルのデジタル銀行Nubankが米国でのIPOに向けMorgan Stanley、 Goldman Sachs、Citigroupを起用

・住宅ローン保険Enact Holdingsが2021年5月に延期した$497MのIPO計画を復活

<M&A>

・英国BNPLのZilchがeコマース企業向けrevenue based financing等を提供するNepFinを買収

・暗号通貨取引所Geminiがリアルタイム市場予測プラットフォームGuesserを買収

Robinfoodが株主向け代理投票サービスとQ&Aプラットフォームを提供するSay Technologiesを$140Mで買収

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ア アラララァ ア アァ!
ユダマサキ@Z Venture Capital | フィンテック情報
Z Venture Capital(ZVC)のフィンテック担当🦄/PayPay Accelerator Programを運営/週刊金融財政事情「Fintech+」にてコラムを連載(第46-51回)/↓noteで毎週Fintechニュースを発信