ワクチンの「40~50代飛ばし」に関するメモ (1) 7月中旬からのニュースなど
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ワクチンの「40~50代飛ばし」に関するメモ (1) 7月中旬からのニュースなど

コロナ家族感染 “子を残し親が亡くなる” 相次ぐ親の重症化 | 新型コロナウイルス | NHKニュース

50代の夫と40代の妻、10代の子どもという家族で、夫婦ともに基礎疾患がありワクチン未接種、おそらく10代の子どもが最初に新型コロナウイルスに感染し、夫は亡くなり、妻は集中治療室で治療が続いているというニュース(2021年9月2日)

今日、上記のようなニュースを見た。

7月にはすでに、コロナウイルスのワクチン接種が進んでいない40~50代(基礎疾患のない人を含む)の重症化が目立つため、この世代のワクチンを急ぐべきという議論があった。それなのに実際に用意されたのは対象年齢を30代以下とするワクチン接種会場ばかりで、いったい何なのだろうと思っている。

以下に7月中旬からの関連ニュースを記録しておく。

小池知事「東京のコロナ対策は50代問題」…重症者の4割が40~50代に : 医療・健康 : ニュース : 読売新聞オンライン

「東京都の入院患者は11日に1902人に上り、病床使用率が1か月ぶりに30%に達した。40~50歳代の入院増加が要因とみられ、「(都内のコロナ対策は)50代問題と言っても過言ではない」(小池百合子都知事)と危機感も広がっている。」(2021年7月12日)

小池知事「知事の部屋」/記者会見(令和3年7月30日)|東京都

「高齢者については1回目のワクチン接種、8割超終わりました。そして2回目の接種率も、もう7割を超えているという状況。それから、重症者数については、この40代、50代で増えているわけです。これまで重症者といえば、高齢者の比率が高かったわけですが(中略)40代、50代、ここが重症化する比率が高まった。中には20代っていう方もいらっしゃるんです。ですから、若いから大丈夫っていうのは違うという話です。この40代、50代の皆様方には、ワクチン接種をできるだけ早めにお願いをするべく、都としても区市町村などとも連携し、また、職域が行われていますけれども、これらについても50代の方々に早めにということでお願いしている。」(2021年7月30日)

小池知事「早く打って」に都民怒り 「ワクチンはプラチナチケット」 | 毎日新聞

「「ワクチンを若い方も打っていただきたい」。小池百合子東京都知事は7月28日、新型コロナウイルス感染者の急増を受けて記者団にこう発言した。今月2日にも「40~50代のまだ受けていない方はできるだけ早くお願いしたい」と呼びかけたが、こうした発言に対し、SNSでは「予約を取りたくても取れないのに」と怒りが噴出している。」(2021年8月4日)

コロナ第5波 40・50代が重症化 基礎疾患ない人も・・・ | NHK

「新型コロナウイルスの第5波では、入院患者の割合は高齢者が減った一方で、基礎疾患がなく、大きな病気にかかったこともない40代や50代といった世代が重症化し、症状の進行も速いケースが相次いでいます。」とのこと(2021年8月11日)

上記のニュースにあるように、7月中旬には、小池都知事は40~50代の中年世代のワクチン未接種が問題だと認識していた。

それなのに実際に都が進めているのは「東京都若者ワクチン接種センター」などの30代以下のワクチンを優先する政策ばかり。40~50代については、東京都が直接運営しているわけではない職域接種で「50代を優先してほしい」というお願いをしているのみだ。

いま流行しているデルタ株においては、ワクチンは重症化予防効果はあるが周囲に感染を広げることは止められない、というのが専門家の認識となっている。

新型コロナ デルタ型変異ウイルス 感染力、重症化リスク、ワクチンの効果など 現時点で分かっていること(忽那賢志) - 個人 - Yahoo!ニュース

デルタ型に感染した人はワクチン接種を完了している人のウイルス量は、接種していない人と大差なく、ワクチン接種をした人もデルタ型に感染した場合周囲に感染を広げる恐れがあると考えられます。

だから、30代以下の方が感染者の人数が多くても、ワクチンは重症化可能性が高い高年齢から順に打っていくべきなのだ。40~50代を飛ばして感染者数が多い30代以下を先に打つとよいという考え方は、デルタ株以前の「ワクチンを打てば周囲に感染を広げなくなる」とみなされていた頃の古い考え方だと思う。

と、いうことは、私が普段見ているtwitterのTLの方々は共有していそうなのだが、実際の、特に都によるワクチンの優先順位には全く反映されていないので、記録のためにメモしておく。

続き書きました→ ワクチンの「40~50代飛ばし」に関するメモ (2) 30代以下優先接種の具体例

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
20年以上前からインターネットで遊んでいます。むかしはブログをよく書いていました。最近はずっと子育てに専念していましたが、子どもたちも成長してきたし文章書きのリハビリ的にいろんなことを書いてみます。