見出し画像

「ごめんね」 よりも 「ありがとう♡」

「日本文化は 謝る文化」って聞いた事ありますか?

北米に住むまでそれに気づかなかった私。

 「すみません」 という謝りの言葉が「ありがとうございます」というお礼の言葉 にもなって 、日本人の会話には本当に  「すみません」 が良く飛び交う。

まだ子供達が小さかった10数年前、近所に住む台湾人の友達にベビーシッターをお願いしたり、 他の頼みごとさせてもらった時など 「ごめん、ごめんね」 とよく謝った。

 私にとっては、 「すみません」のように〈申し訳ない〉という気持ちと〈感謝〉の気持ちの両方を兼ねて言っていたつもりだけど、 彼女にとってはスッキリしないものがあったみたい。

ある日彼女に「なんで いつも謝るの? 謝られるの、 変。」 と言われた。

そう言えば、 英語ネイティブの方達にも 「No need to say sorry.」 と言われるなぁ。初めて自分がいつも謝っていたことに気づいた。

あれは 「You're welcome.」 という意味ではなく、 本当に 「謝る必要はないんだ」ということを言いたかったのね、ということにも。


先週、ホームステイのホストファミリーをしているカナディアンの友達に、 ホームステイ で寄宿している日本人の女の子の 近況を聞いてみたら、 

「 彼女自分に自信ないの。」と自分のことのように心配していた。

 「日本本場の味の照り焼きチキンを作ってくれて、本当に美味しくて『美味しい!』と褒めても、『イヤイヤ』って自分に自信ないんだよね。」

それを聞いて私は ピーンと来た。

「それは 彼女が自信がないんじゃなくて、多分文化の違いだよ。 日本は謙虚を重んじる文化だから 公に自分の作ったものはすごく美味しい、とか言わないんだよね。」

と言うと、彼女は「なるほど、そう言われればその方が筋が通るかもしれない 。」と納得。


「 つまらないものですが...」
「 至らない息子ですが...」
「 美味しいかどうかわからないけど...」


こんな一言を添えて 私たちは日本語を話す。


言葉は文化の一部で、もしその点に気づかずにいたら、英語でのコミュニケーション も ぎくしゃくしてしまう。


「つまらないものですが...」

 ... なのにくれるの? 


「至らない息子ですが...」

親がそんなこと言っちゃダメでしょ! 子供が可哀想…


「美味しいかどうかわからないけど...」

 でも心を込めて作ったんでしょ? だったらいいじゃん!


というふうに解釈、強いては批判されてしまう可能性だってある。


2週間前、私が体調を崩したので、 息子の通っている小学校の先生たちが (私の同僚でもあるけど)、  一週間 交代で家族全員分の夕食を作ってくれた。

ホームメイドの美味しい料理が 毎日届く中 ある先生が「 私が準備したのは手料理じゃないんだ。 パイだけは自分で焼いたけどね。」(ちなみに、昔の私なら、手料理ではないことを謝ってただろう。(笑))

この、先生が焼いたというパイ、 実は、見た目もあまり食欲をそそられるものではなく、 主人も私も一切れ食べて、残りは手をつけられなかったのだけれど、それでも、この先生は自信を持って、「自分が焼いたんだ」と伝えてくれた。

( 決して批判しているわけではなく、例として描写させてもらっただけで、もちろん 心から、この先生に感謝してます!) 


自分がしたことは、堂々と自信を持って明示する。

こんな文化に慣れてきたので 私も褒められたら、 素直に

「ありがとう~♡」 

「嬉しい〜♡」

「良かったぁ〜♡」

と言えるようになった。


「すみません」と「ありがとう」のほかにも、文化の違いで「?」となってしまった経験は数えきれないほどある。

自然な英語を話したいのなら、 言葉だけではなく文化も理解する必要がある、 改めてそのことを痛感した。


今度褒められたら、素直に「ありがとう♡」と言ってみよう。

誤解を招くかどうか 抜きにしても、褒められた時に素直に
「ありがとう♡」と言う方が「イヤイヤ」と謙虚に否定するよりも、実は気持ち的にもスッキリするよ。

英語ネイティブへの道は、「Thank you.♡」の一言から始まるかもしれない。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
【なれると思う自分になる】それは、毎日後悔なく生きる自分であったり、感謝の心を忘れない自分であったり、失敗を恐れない自分であったり、置かれた場所で美しく咲くことができる自分であったりする。そんな夢実現に向かって歩む私が日々感じるものを書き留めるちょっとした空間です。

この記事が入っているマガジン