見出し画像

GEAIM:第18回 verde - 日本のトップ Counter-Strike チーム Team Speeder で活躍するプレーヤー

公開日:2011-06-22 18:00:42

GEAIM ピープル第 18 回には、Counter-Strike1.6 の日本トップチーム Team Speeder に所属し活動する verde さんが登場です。『Special Force』から『Counter-Strike』に転向し活躍している verde さんですがどのようにして FPS を始めるようになったのか、1つめの回答から見逃すことが出来ません。

1. ゲームのプレーネーム(ニックネーム)の由来を教えていただけますか?

「verde」 は Counter-Strike を始めた当時に付き合っていた彼女の名前を、何語か忘れましたが翻訳した結果です。 今となっては別れた後のこと考えてなかったと思います。別れてからも名前を引きずることになるとは思ってもいませんでした!

2. 初めてプレーした FPS/RTS や PC ゲームについて教えていただけますか?

初めてプレイした FPS は Nintendo64 の『007 ゴールデンアイ』で、友達の家でやっていたのを覚えています。 まだ小学生だったこともあり、撃ちあいが下手だったので銃器無しの手刀縛りで対戦を行っていました。

本格的に始めた FPS は『Special Force』です。中学生の終わりごろから高校生の初めの頃でした。 最初は右も左もわからずにプレイしていました。きっと迷惑レベルになるほどのプレイ内容だったでしょう。 そこから SOL というクランに入り、FPS の基本的な動きを学びました。ボイスチャットをの使い始めもその頃で、マイクが無くてイヤホンを代わりとして使ってみたら「ノイズがひどい!」と怒られたのが懐かしいです。 後に Jogo というクランを作り、強豪クランとして活動していました。十人十色の言葉通りなメンバーであり、毎日の活動が刺激的で凄い新鮮でした。

3. 初めて参加したゲームの大会またはイベントの事を覚えていますか?よろしければ当時の事を教えて頂けますか?

Special Force での非公式大会です。『SFS 杯』と呼ばれる個人が企画していたイベントだったと思います。 凄く緊張していて、何も出来ませんでした。上には上がいることを思い知らされました。 そこから練習を重ねて大会で優勝するまでになったときは感動しましたね。 負けず嫌いを更にこじらせた経験だったかもしれません(笑)

4. 現在の主な活動についておしえて頂けますか?

今はCounter-Strikeにおいて Team Speeder の一員として活動しています。 Team Speeder はとても素晴らしい実績があり、それらを汚すこと無くさらに輝きが増すように活動しています。 今まで在籍していたメンバーと比べると見劣る部分もあると思いますが、胸を張って「Team Speeder の一員だ!」と言えるよう努力していきたいです。

画像1

Team Speeder 公式サイト

5. 活動を始めたきっかけについて教えてください

Counter-Srike を始めたきっかけとしては、Jogo として活動していた当時の『Special Force』は弾ロスやラグがひどかったことや、 所属していたチームがほとんど完成されてしまったことがあり、「更に上を目指そうということで Counter-Strike に移住しよう!」ということになりました。 しかし、チーム単位での移住は失敗に終わり、メンバーは Special Force をやる人、Counter-Strike をやる人、他のゲームをやる人などを離れ離れになってしまいました。 そこで僕は単身で CuteStyle というチームに入隊し、Counter-Strike 人生の幕があがりました。

画像2

Counter-Strike

6. どのような目標で活動をされていますか?

ここ最近の目標は、チームメンバーである noppo、sion 両名のレベルに追い付くことです。 この二人は名実ともに国内屈指であり、Team Speeder はこの二人でほぼ成り立っていると言っても過言ではありません。 実力が追いついていないことでカバーしてもらったり、動きを合わせてもらうことで負担をかけています。 その負担を取り除き、二人がやりやすいように動けるレベルまで早く到達したいです。 そして絶対の信頼を獲得できるよう頑張るつもりです。

昔からの目標として、やはり日本の頂点になることです。 日本の代表として世界と戦う。これほど名誉なことはないでしょう。 目標というよりは夢に近いのですが、世界と戦ってみたい気持ちはあります。 並大抵の努力が必要な上に、チャンスがあるかどうかはわかりませんがやっていきます。

7. 活動やゲームを通じて人生に何か影響がありましたか?

太りました(笑) FPS してると運動する時間が減ってしまうんですよね。つい夢中になってしまって。 活動時間も夜中まであったりして、お腹が減ると食べ物に手が出てしまうのが……。

他と言えば、ありきたりですが様々な人と交流できたことです。 電車が 1 時間に 1 本あるかないかの場所に住んでいたので、東京や大阪に住んでいる人の話はとても華やかに聞こえました。 北は北海道から南は沖縄までの色んな方言が飛び交ったり、下は中学生から上は 30 代の方までの様々な人が話ができる場所は、僕の年齢ではインターネットを通じてでしか出来ないでしょう。 若いうちからそういった希少な経験が持てたのは人生においてプラスになったはずです。

後、ものまねが少し上手くなりました(笑)

8. 使用しているデバイスとそれを使っている理由を教えていただけますか?

マウス『Microsoft - IntelliMouse Explorer 3.0』
僕が知っている中で最も大きなマウスだからです。 手が大きいのでよりフィットさせたくてこのマウスを選んでいます。

マウスソール『SteelSeries - SteelSeries Glide MS』
これ以外使ったことがないのですが、違和感などもなかったので使っています。

マウスパッド『SteelSeries QcK+ Limited Edition (Fnatic)』
プラスチック製のマウスパッドを使っていたのですが、 大会の賞品で QcK を頂いたときに布の滑りに惚れてしまったのでより大きいものとしてこれを選びました。

キーボード『SteelSeries - Steel keys 6G v2』
キーボードを叩いたときの重みがずっしりとしていて打ちやすいと感じたからです。 反応速度も速いので非常に満足しています。

ヘッドセット『SteelSeries 7H USB』
密閉型で他の音がほぼ完全にシャットダウンされてゲーム音だけに集中できるからです。 付属の USB サウンドカードを使えば声がクリアになりました。

モニタ『Dell E2209W』
PC を買った際に映画などを鑑賞するつもりでワイドなものを!と思い購入しました。 が、75hz までしか出ないのでいずれは 120hz 出るものを購入する予定です。

9. 注目しているゲーム、eスポーツに関するものサイトやブログがあったら教えてください

HLTV.org
Counter-Strike をやっているものとしては押さえなければならないと言っても過言ではないサイト。 主に記事やムービーを見てます。デモを見るのは苦手で……。

画像3

Fnatic
fnatic に所属してる選手の POV や設定を参考にしたいのでよく利用しています。

画像4

FPSfield
様々な FPS ゲームのイベント情報があり、もし近場であるのなら是非参加をしてみてはいかがでしょうか。

画像5

10. サイトを見ている人に何かメッセージがあればお願いします。

オフラインイベントなどにも積極的に参加する予定なのでよろしくお願いします。
Twitter もやってるので是非フォローお願いします!

こんな未熟者ですが、インタビューを読んでいただき本当にありがとうございます。
これからの Team Speeder に期待してください。全力で頑張っていこうと思います。

11. 次に、ゲームや eスポーツでがんばっていると思う方をこのインタビューにご紹介していただけますでしょうか。

starbucks さん。個人的に競い合っていく相手だと思っているのでもっと知りたいです!

-----

verde さんありがとうございました。一問目の回答が面白くてそのまま最後まで読んでしまったという人が少なくないのではないでしょうか。verde さんが所属する Team Speeder は先日開催された Counter-Strike1.6 大会第 13 回『Survuval of the fittest』で優勝となっています。次回は verde さんのご指名により、Counter-Strike1.6 チーム Phobia Gaming で活動する starbucks さんが登場予定です。お楽しみに。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

おっとぉ!?読者さんスキ押しましたねー! (押しましたか、いまの)
FPS・eスポーツ・ゲーミングデバイスを紹介する個人ニュースサイト『Negitaku.org』を2002年から運営しています。

この記事が入っているマガジン

GEAIM
GEAIM
  • 37本

『GEAIM』は「Game」や「esports」でがんばっている方、活躍されている方々にターゲットをあわせて(AIM)、お話を伺いし紹介していくインタビューをメインにしたブログです。こちらはそのアーカイブマガジンです。 「GEAIM」は、紹介文に登場するキーワード「Game」「E-Sports」「AIM」を組み合わせた造語で「ジーエイム」と読みます。「GEAIM」を強引に発音すると「ゲーム」と響きが似ているので、この略語にしてみました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。