見出し画像

【百年ニュース】1921(大正10)6月10日(金) 欧州訪問中の皇太子裕仁親王がベルギーに到着。ブリュッセルで国王アルベール1世とブラバント公レオポルド王子(後のレオポルド3世)が出迎える。同夜王宮で歓迎晩餐会が開催された。翌日は先帝レオポルド2世の墓に参拝し,博物館見学。市民の大歓迎を受けた。

吉塚康一/百年ニュース「毎日が100周年」

欧州訪問中の皇太子裕仁親王がベルギーに到着しました。ブリュッセルの駅頭でベルギー国王アルベール1世とブラバント公レオポルド王子(後のレオポルド3世)が出迎えました。同夜王宮で歓迎晩餐会が開催され、翌日は先帝レオポルド2世の墓に参拝しました。また博物館も見学し、いたるところで市民の大歓迎を受けました。

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
吉塚康一/百年ニュース「毎日が100周年」

よろしければサポートをお願いします。100円、500円、1,000円、任意のなかからお選び頂けます。いただいたお金は全額、100年前の研究のための書籍購入に使わせていただきます。サポートはnoteにユーザー登録していない方でも可能です。ありがとうございます。

吉塚康一/百年ニュース「毎日が100周年」
毎日100年前の出来事をつぶやきます。主に自分の勉強のためです。関心は近代日中外交史/経済史/経営史です。早稲田大学社学研博士後期課程/劉傑ゼミ。合同会社ヨシヅカ文庫/株式会社キュリエ/1971年生/新潟市出身/96年新卒で三井物産/05年退職&起業/新潟大学法学部卒/三児の父。