小林良彦

読んだ本や文章の感想や、原子・元素・原子核のこと、科学コミュニケーションのことなどについて、肩の力を抜いて、書き続けたい。日ごろ勉強したことや考えたことなども雑記として書き連ねたい。たまにはまとまった文章も書きたい。大分大学 教育学部 講師。博士(理学)。ヘッダーは硫黄山で撮影。
    • 科学コミュニケーション

      • 10本

      科学コミュニケーションに関わるテーマについて考えたり、学んだことを書いた記事をまとめています。

    • 大学教育

      • 6本

      大学教育に関わるテーマについて考えたり、学んだことを書いた記事をまとめています。

    • 読書感想文

      • 14本

      読んだ本や文章の感想を書いたものです。

    • 原子・元素・原子核

      • 17本

      原子・元素・原子核に関わるテーマについて考えたり、学んだことを書いた記事をまとめています。

固定された記事

とある大学教員の自己紹介(2022年1月5日版)

僕は現在、大学教員として働いている。noteは以前からたまに書いていたのだが、2021年10月から心機一転して再スタートをした。年も変わったタイミングでこれまでの自分を振…

2週間前

朝永博士による科学の言葉

朝永振一郎博士(1906~1979)は、日本人二人目のノーベル賞を受賞した物理学者だ。ノーベル賞の受賞は1965年のことだった。受賞理由は量子電磁力学(QED)の研究、素粒子…

1日前

湯川博士と梅ヶ枝餅

太宰府天満宮で梅ヶ枝餅を食べた。梅ヶ枝餅を食べたのは、名物だからというだけではなく、湯川秀樹博士(1907~1981)のエッセイにそれが登場するからだった。 湯川博士は…

2日前

似たような本ばかり

学生時代の話だ。親友が僕の部屋に来た際、本棚を見て、「似たような本ばっかだなw」と言った。続けて「書いてあること違うの?」と問うてきた。 彼は僕の本棚に並ぶ量子…

4日前

ウェブ2.0の科学コミュニケーション

すっかり「ウェブ2.0」という言葉は耳にしなくなった。そもそもこの言葉が流行り出したのは、2005年頃のようだ。もう20年近く前になる。ウェブ2.0については、以下の記事な…

4日前

『農と言える日本人』から科学者の姿勢を再考する

『足尾から来た女』(NHKドラマ)が好きだ。録画したブルーレイを掘り起こして、たまに観たりもする。再視聴するたびに、いろいろと考えさせられるドラマだと思う。『足尾…

5日前