見出し画像

乾杯する相手のいない、無駄にギャルだった唯一の夏

新宿で打ち合わせがあり、帰りにルミネエストに寄る。ほとんどが若い子向けのショップだけど、ひとつだけ好きなショップがあるのだ。

夏休みだから、すれ違うのはほとんどが大学生や高校生くらいの女の子。

夏服はわりとカラフルなものが多いし、大ぶりのピアスやイヤリングが流行っていて、みんな華やかだ。彼女たちのエネルギーがまぶしい。

ふと、強烈な懐かしさに思わず立ち止まった。

この夏の、この感じを私は知ってる。


思い出したのは、高校一年の夏のことだ。と言っても、私はすでに登校できなくなっていたのだけど。

その夏は、浮かれた服が流行っていた。

トロピカル柄、ハイビスカス柄、原色のタンクトップやキャミソール、厚底サンダル、半透明のプラスチックのアクセサリー、頭につけるデカい花……。

お若い方はなんのことかわからないと思うので、「1999年 ギャル」で画像検索してみてほしい。めちゃくちゃ馬鹿っぽいし、めちゃくちゃ楽しそうだから。

私はそういうファッションが大好きだった。いろいろとうまくいかなくて世を拗ねていたわりに、楽しそうなものには弱い。

ギャルファッションにもジャンルはいろいろあって、私は鈴木あみが好きだったから、髪形もメイクもそれっぽくしていた。ガングロやヤマンバから見ればぜんぜん地味な部類だけど、父からのウケは悪かった。

だけど、意外にも母は、私が髪を染めたり化粧をしたりすることを止めなかった。

たぶん、それが私の唯一の楽しみだと気づいていたからだと思う。


あの夏、私は暇を持て余していた。

高校にはすぐ行けなくなったから、高校の友達はいない。中学時代の友達はいて、たまに遊んでいたけど、みんな部活や高校の友達と遊ぶので忙しそう。

毎日、犬の散歩と読書と、深夜ラジオへの投稿しかすることがなかった。あとはプチプラコスメを買ってきてメイクの練習をしたり。

海にも花火大会にも、行かなかった。乾杯する相手もいなくて、家でひとり、お母さんの作った水出し麦茶を飲んでいた。

あの夏のことは、ただただ「ギャルっぽい格好をして無為に過ごしたな」と思う。

そのことを、楽しかったとも、悲しかったとも思わない。当時はいろいろ感じていたのだろうけど、忘れてしまった。


その年の秋から、私の生活は一変した。

小説を書いたら、新聞社がやっている中高生向けの賞に入賞した。演劇を見に行ったらハマって、その劇団に入団した。バイトを始め、その翌年は通信制高校に再入学した。

その頃あっさり青文字系に転向し、ギャルファッションはやめてしまった。結局、無為に過ごしたあの夏が、ギャルとして過ごした最初で最後の夏になった。

次の夏は一緒に過ごす友達がいて、河原でみんなで花火をした。乾杯用の缶ジュースを買いにコンビニに行くとき、好きな人とふたりきりになれて嬉しかった。

だけど、ルミネエストで私が思い出したのは、乾杯する仲間のいる夏じゃない。乾杯する相手のいない、ギャルとして過ごした唯一の夏だ。

あの夏、無為に過ごす日々の中で、私はエネルギーを蓄えていたのかもしれない。虎視眈々と、再び歩き出すきっかけを狙っていたのかもしれない。

だってあの夏を思い出したとき、私は妙に前向きで勇ましい気分になったから。


ルミネエストの通路で足を止めた私の脳内に、浜崎あゆみのBoys&Girlsが鳴り響く(そこは鈴木あみじゃないんだ)。

輝きだした僕達を誰が止めることなど出来るだろう
はばたきだした彼達を誰に止める権利があったのだろう

背筋を伸ばし、大股で歩き出す。

この夏は思いきりテンションの上がる服を着よう。好きなことをしてエネルギーを蓄えよう。

無敵だと思い込めば、私はきっと無敵だ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。サポートしていただいたお金は生活費の口座に入れます(夢のないことを言ってすみません)。サポートじゃなくてもフォローやシェアだけでもめちゃくちゃ嬉しいです。

ありがとうございます。今日のラッキーアイテムは絆創膏
162
ライター・エッセイスト/著書『山小屋ガールの癒されない日々(平凡社)』http://urx2.nu/Vmkr webメディア・雑誌で執筆中/有料記事は知人に読まれたくないだけで有益な情報とかじゃないです/お仕事のご相談はsaki.yoshidama@gmail.com